MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 【地域別】ヘルニア事情 » 愛知エリア

愛知エリア

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

愛知県のヘルニア事情をまとめました。県内にある脊椎外科の病院数、県内の医療機関でヘルニア治療を受けた方々の声、愛知県特有のヘルニアの特徴などの情報を詳しくご紹介します。

愛知にある脊椎外科を専門としている病院数

愛知にある脊椎外科を専門としている病院数
114件
(2018年11月28日現在の調査)

愛知県にある脊椎外科の数は、2018年現在で114件。ヘルニアの診療を専門的に行っているのが脊椎外科である以上、県内には非常に多くのヘルニア患者が潜在していることが分かります。単一県としては、全国有数の患者数を持つエリアと考えて良いでしょう。

愛知でヘルニア治療を受けた人たちの口コミ

「ヘルニアの治療は、とても専門性が高いようです。そのため、すぐに受診してくれる病院もあれば、数ヶ月先まで予約待ちの病院もあります。たとえ待ったとしても、確実な腕のある先生に診てもらうべきでしょう」(30代・女性)

「呼吸するだけでも腰に痛みが走るほど、重度の発作に襲われることがあります。私ほどの重度の症状を持つ人は、痛みの除去も大事ですが、心のケアもしてくれる病院がいいと思いますよ」(50代・男性)

「ヘルニアの手術を受けました。術後1年経ちますが、痛みは完全に解消し、毎日元気に過ごせるようになりました。手術には高い技術力が必要なので、信頼できる病院で受けるべきでしょう」(40代・男性)

愛知のヘルニアの特徴

愛知県にある脊椎外科の数は114。この数字を見ただけでも、県内にはヘルニアに悩んでいる方が非常に多いことが容易に想像できます。
なぜ愛知県にはヘルニアの患者数が多いのでしょう? 考えられる主な理由は以下の2つです。

人口の多さに比例して患者の数も多い

愛知県は、東京、神流川、大阪に次いで日本4位の人口を有するエリア。人口が多い以上、いかなる病気であっても患者の絶対数は多くなります。
単純に「人口が多いから」ということが、愛知県のヘルニア患者の多さの背景にあるでしょう。

ヘルニアになりやすい職種の人が多い

愛知県は巨大な経済圏である以上、さまざまな職種の人が全国から集まります。それら職種の中には、巨大経済圏特有の「腰に負担のかかる職種」もあります。
たとえば愛知県にはタクシーが多く走っていますが、職業ドライバーのヘルニア罹患率は、事務作業の人に比べて約3倍。中京工業地帯で働く金属・機械関連の作業員の人もヘルニアの罹患率が高い、と言われています。

【まとめ】長く信頼して通院できる病院を選ぶ

ヘルニアの患者数が多い愛知県だからこそ、脊椎外科の病院数も多め。病院が多いことは、患者にとって安心材料の一つにもなります。ただし、各病院における患者への対応はさまざまなので、病院選びには慎重になってください。
ヘルニアは、ともすると一生涯付き合わなければならない症状。長く信頼して通院できる病院を選ぶようにしたいものです。

ヘルニアは適切な治療で
改善可能!ヘルニア名医がすすめる施術

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生
(形成外科・整形外科医)

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

監修者情報を見る>

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる