MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 【地域別】ヘルニア事情 » 大阪エリア

大阪エリア

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

大阪のヘルニア事情についてまとめました。府内にある脊椎外科の病院数、大阪でヘルニア治療を受けている人の声、大阪特有のヘルニア事情などをご紹介しています。

大阪にある脊椎外科を専門としている病院数

大阪にある脊椎外科を専門としている病院数
170件
(2018年11月28日現在の調査)

大阪は、東京と横浜に次ぐ大都市圏だけあり、脊椎外科を専門に診療している病院の数は170件と非常に多くなっています。
ヘルニアの患者の数と脊椎外科の数が比例していると考えれば、大阪にはヘルニアに悩む人がとても多く潜在しているのが分かります。

大阪でヘルニア治療を受けた人たちの口コミ

「主人がヘルニアで動けなくなってしまい、病院で電気治療を受けました。治療後、ほとんど動けなかった主人が、自力歩行できるまでに回復。即効性のある治療法があるんですね」(30代・女性)

「ヘルニアと診断されたものの、手術の必要はないとのことで、リハビリで治すことになりました。すぐに手術をしたがる先生とは違い、私のかかりつけ医はとても信頼できます」(20代・女性)

「いつヘルニアの痛みが襲ってくるか分からないので、なるべく自宅から移動しやすい範囲の中に、信頼できる整形外科を1つ見つけています。ヘルニア持ちには病院の立地も大事ですよ」(40代・女性)

「以前から腰痛で悩んでおり、紹介された病院で診てもらったところ、詳しく検査をすることを勧められ、県内でも有数の病院で再度、検査。その結果、椎間板ヘルニアだったことが判明しました。最初の病院の先生に感謝です」(年齢・性別不明)

「私がお世話になった病院は、椎間板ヘルニアの治療でPLDD(経皮的レーザー椎間板髄核減圧術)を行ってくれました。技術もしっかりしており痛みもすっかりなくなりびっくり。ゴルフやサイクリングなどを今後も楽しめそうです。」(50代女性)

「子どもが17歳の時に椎間板ヘルニアの手術を受けました。手術前は不安なこともあったのですが、先生が分かりやすく説明してくれたおかげで安心して任せることができました。ネットの口コミがよかったのも納得です」(40代女性)

大阪のヘルニアの特徴

大阪にある脊椎外科の病院数は170件。この数から考えて、府内には多くのヘルニア患者がいることが推察できます。
なぜ、大阪にはヘルニアの患者が多いのでしょう? 考えられる理由は次の2つです。

単純に人口が多いから

大阪府は886万人以上もの人が居住する大都市。人口が多ければ多いほど、特定の病気の罹患者数も多くなることは当然です。ヘルニアの患者数も、もちろん人口に概ね比例しています。

腰に負担をかける職種の人が多いから

大阪を中心とした関西エリアには、巨大経済圏ならではの「腰に負担をかける職種」の人が大勢います。
たとえば職業ドライバー。一日中同じ姿勢で腰に緊張を強いている仕事なので、通常の事務職の人に比べ、ヘルニアの発症率が約3倍になると言われています。金属や機械関連の職種の人も、同様の発症率であることが指摘されています。

大阪で選ぶヘルニアの名医の条件とは?

ヘルニアは状況によって適切な手術が違う

同じヘルニアであっても、症状によっておすすめの手術方法は異なります。内視鏡下手術、enspire法、レーザー治療、切開手術など。内視鏡下手術はさらにMED法とPED法に細分化されます。一般的には、局所麻酔で入院日数も半日から1日程度で済むレーザー治療がよいとされるケースが多いのですが、万能というわけではありません。

その施術のスペシャリストに依頼しよう

自分にあった施術を受けるためには、専門家に話を聞くのが一番。その前にヘルニアについての知識を深めておくために、以下のページを参考にしてみてはいかがでしょうか?

ヘルニア完治のために
知っておきたいヘルニア治療のポイント

大阪でヘルニア治療する際のクリニックの選び方

実績や口コミを参考にする

どのクリニックもホームページなどで自分たちを悪いようには紹介しません。そんな時に参考になるのが、ネット上にある口コミです。自分が本当に感謝していれば、よい口コミを書きたくなるし、逆に不快な思いをすれば同じ目にあってほしくないと、そのことを伝えたくなります。これらを参考にしてクリニック選びをするのも1つの方法です。

患者にあった適切な施術の提案をしてくれる

クリニックによっては、あなたの症状を改善するのに向いていなくても自分が得意とする手術法ばかりを勧めてくる医師もいます。ですので、診察の時にいくつかの方法を提案してくれるクリニックがおすすめ。セカンドオピニオンを勧めてくれる病院もよいでしょう。

【まとめ】長く信頼して通院できる病院選びを

大阪には脊椎外科の専門病院がたくさんあります。その点は、他の多くのエリアに比べて安心材料の一つと言って良いでしょう。
一方で、ヘルニアの患者に対する対応の仕方は、病院によってさまざま。すぐに手術を勧める病院もあれば、痛み止の処方しかしない病院もあります。
人によっては、ヘルニアは一生涯付き合わなければならない深刻な病気。長く信頼して通院できる病院を見つけておくことが、患者にとって何より大事です。

ヘルニアは適切な治療で
改善可能!ヘルニア名医がすすめる施術

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生
(形成外科・整形外科医)

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

監修者情報を見る>

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる