MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 【地域別】ヘルニア事情 » 東京エリア

東京エリア

東京のヘルニア治療に関する概要をまとめました。都内でヘルニア治療を受けた人の口コミや、東京特有のヘルニア事情などもご紹介しています。

東京都にある脊椎外科を専門としている病院数

東京都にある脊椎外科を専門としている病院数
262件
(2018年11月28日現在の調査)

2018年11月現在、小規模なクリニックから大規模な総合病院まで含め、脊椎外科を専門に診療している病院は、東京都内に262件あります。
ヘルニア治療のニーズの件数が脊椎外科の数に比例していると考えれば、東京には、ヘルニアに悩む人が非常に多くいるということになるでしょう。

東京都でヘルニア治療を受けた人たちの口コミ

「都内の総合病院でPLDDというレーザーを使ったヘルニア治療を受けました。脊椎の治療には緻密な技術力が求められるので、実績が豊富な信頼できる病院を選ぶべきでしょう」(50代・女性)

「息子が高校生のときに、都内の病院でヘルニアの手術を受けました。手術は無事成功し、今では何事もなかったかのように元気に過ごしています。腕の良い先生で、本当に安心でしたよ」(40代・女性)

「歩くどころか、立つことも困難な状態で病院を受診。その時の看護師さんの対応がとても温かく、苦痛が少し和らいだような気がします。先生はもとより、看護師さんの対応も大切ですね」(40代・男性)

東京都のヘルニアの特徴

上記でご紹介した脊椎外科の病院数からも推察できる通り、東京には、ヘルニアに悩む方が非常に多くいる、と考えて良いでしょう。なぜ東京にはヘルニア患者が多いのでしょうか? 2つの理由が考えられます。

人口が多いから

東京には、日本の全人口の約7.3%が居住しています。神奈川や埼玉、千葉などのベッドタウンの人口も考慮すれば、東京圏に住む人の数はさらに跳ね上がります。
単純に、東京圏の人口の多さがヘルニアの患者の数の多さに比例している、と考えて良いでしょう。

ヘルニアにかかりやすい職業の人が多いから

日本の経済の中心地でもある東京では、腰に負担がかかりやすい職種の人が多く働いています。職業ドライバーや金属・機械労働者などは、事務作業の人に比べ、ヘルニアになるリスクが約3倍になると言われています。

【まとめ】病院の数は多いものの医師の対応は玉石混交

東京にある脊椎外科の数は262件。東京はヘルニア患者が非常に多い地域であることに間違いはありません。症例の多いエリアだからこそ、十分なノウハウや実績を持つ病院も多いことでしょう。
その一方で、苦痛で立てないほどの患者に対し、痛み止めを処方して「数日安静にしてください」と伝えるだけの病院もあります。ヘルニアの根治を目指す方は、次の発作が襲ってくるまでの間に、しっかりと治療をしてくれる信頼できる病院を探しておくことが大切です。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる