MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは?

頸椎椎間板ヘルニアとは?

ここでは頸椎椎間板ヘルニアの症状や原因、併発することもある腰の病気についても解説しています。

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎部が原因となって引き起こされる椎間板ヘルニアで、日常生活で首への負担が多い人は発症しやすくなると言われます。

多くの場合、首を後や横に倒すと腕に痛みやしびれが出るといった症状が出ますが、頚椎に関わる病気は様々あり、すぐに頸椎椎間板ヘルニアとは決めつけられません。

そこで頸椎椎間板ヘルニアの理解を深めるために症状や原因、頚椎の構造など知っておくと役に立つ知識をまとめました。

【ドクターが語る】椎間板ヘルニアの
効果的な治療法に関する動画を見る

頸椎椎間板ヘルニアの症状

頸椎椎間板ヘルニアの症状は首を寝違えたような鈍痛から始まり、続いて手や肩に激しい痛みやしびれが生じるようになります。歩行障害などが見られるなど症状が悪化・進行している場合は手術による治療が必要です。

頸椎椎間板ヘルニアの症状について詳しく

頸椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎の椎間板が加齢などにより変性し本来持っていた弾力性を失って中心にある髄核が線維輪を破って飛び出し神経を圧迫することで発症します。椎間板への圧力が主な原因ですが姿勢が悪い状態が続いたり、激しいスポーツなどで首に大きな外力が加わると発症することがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの原因について詳しく

頸椎椎間板ヘルニアの検査・診断

頚椎椎間板ヘルニアかどうか診断するためには病院やクリニックなどの医療機関で検査を受けることになります。整形外科や脳神経外科を受診することになりますが、検査は神経学的診察を行い、次にレントゲンやMRIなどの画像検査を行うのが一般的です。

頸椎椎間板ヘルニアの検査・診断について詳しく

頸椎椎間板ヘルニアのセルフチェック法

頸椎椎間板ヘルニアは肩こりや腕のしびれ、頭痛・めまいなどの様々な症状があります。医者でも診断が難しいとされていますが、目安として自宅でもできる頸椎椎間板ヘルニアのセルフチェック法があります。また事前に症状を知っておくことで病院へ行くかどうか判断できます。

頸椎椎間板ヘルニアのセルフチェックについて詳しく

頸椎の構造

頚椎とは脊柱(背骨)を構成する一部で最上部に位置し、7つの椎骨と椎間板が合わさっています。背骨全体は33~34個の椎骨と椎間板から成り、順番につながっています。首や腕の痛みは、重い頭部や腕の部分を支える頚椎部分に問題が発生することで引き起こされます。

ヘルニアに関わる頸椎の構造について詳しく

「首」が原因で起こる様々な病気

頸椎椎間板ヘルニア以外に頸椎や椎間板が関係する主な病気には肩関節周囲炎(五十肩)、胸郭出口症候群、頚肩腕症候群、インピンジメント症候群、変形性頚椎症、頸部脊柱管狭窄症、頚椎すべり症があり、ヘルニアと併発するものがあるので注意が必要です。

首痛に関する病気について詳しく

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる