ヘルニア治療&予防大学HOME » 頚椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 原因

原因

重度になると歩行障害まで起こしかねない頚椎椎間板ヘルニア。加齢や外的要因など、様々な原因についてまとめています。

頚椎椎間板ヘルニアの原因とは

突然首が動かせられない痛みや、鈍い鈍痛で始まることが多い頚椎椎間板ヘルニア。重度になると手や下半身がしびれたり、歩きにくくなる歩行障害まで起こりますから、腰椎椎間板ヘルニアと同じく原因をしっかり突き止めて治療を行いたいものです。

頚椎椎間板ヘルニアは、首をメインにした部位に症状があらわれますが、基本的には腰椎椎間板ヘルニアと同じ原因によって起こります。主な原因として挙げるなら「加齢」と「外的要因」があります。

  • 加齢

20歳を過ぎたころから椎間板は老化が始まります。椎間板は人間の体の中でもとても早いうちから老化が始まる部分で、水分が減り弾力もなくなっていきます。特に40歳を過ぎると加齢によるヘルニアの発症率はぐんと高まります。そこに骨粗鬆症などが加わると、骨のもろさによってさらに発症率が高まります。

  • 外的要因

外傷や打撲など、外的要因によってもヘルニアは発送します。頚椎椎間板ヘルニアの場合は常に負担がかかっている首にさらに力を加えることで、徐々に症状が悪化するパターンと急激な力によって急激に悪化するパターンがあります。例えばムチ打ちは首への負担が強く、頚椎椎間板ヘルニアの原因や遠因となることが多いようです。

さまざまな因子の影響で突然発症する

最近はパソコンの長時間使用によって、肩や手までの筋肉が疲労したり、猫背がひどくなってしまう方が多いようです。運動不足による筋肉量の低下や加齢、猫背によって起こる骨の変形など、頚椎椎間板ヘルニアになりやすい環境でもあります。

頚椎椎間板ヘルニアは年齢や遺伝的な要素、運動負荷など、さまざまな因子が影響し合って発症します。いつ発症するかは分かりませんから、普段から予防に取り組んでいくことが大切です。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop