MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 頸椎椎間板ヘルニアの原因

頸椎椎間板ヘルニアの原因

ここでは頸椎椎間板ヘルニアが発症するメカニズムとその原因について解説しています。

頸椎椎間板に負担がかかる具体的な理由

頸椎椎間板ヘルニアは、頚椎の椎間板が加齢などにより変性して本来持っていた弾力性を失い、中心にある髄核が線維輪を破って飛び出して、神経を圧迫することで発症します。

椎間板ヘルニアというと腰の病気というイメージが強いですが、頚椎にも椎間板は存在し、腰椎と同様に頚椎椎間板ヘルニアが発生するのです。

椎間板への圧力が主な原因なのですが、構造上重いものを持つことでの負担は小さいと考えられます。背骨(頚椎)は横から見ると弓状にカーブしているのですが、長時間前かがみの状態が続くとこれが真っ直ぐになり、椎間板に負担がかかりやすくなります。

椎間板は、人間の体の中で早いうちから老化が始まる部分で、若い人でも髄核の水分量が減少し弾力もなくなっていきます。そこへ悪い姿勢での仕事などで、椎間板への負担が大きくなると発症してしまうのです。

また激しいスポーツや交通事故などで首に大きな外力が加わると、椎間板の線維輪に亀裂が生じ頚椎椎間板ヘルニアを発症することがあります。

現代人が注意したいスマートフォンのある生活

頸椎椎間板ヘルニアは姿勢不良の影響が強く、これまで前かがみの状態が長く続くような仕事をしている場合は注意が促されてきましたが、スマートフォンの普及によってその対象者が増えています。

それは、長時間スマートフォンの操作を続けていると、頸椎椎間板ヘルニアになりやすいというものです。御存知の通り、現代の生活にとってスマートフォンはなくてはならない存在になりつつあります。

スマートフォンは、電話や短時間のアプリ操作だけでなく、動画の視聴やゲームなど長時間の操作を伴うことも多くあります。すると長時間下を向き続けることで姿勢が悪くなり、頸椎椎間板ヘルニアを引き起こすことが考えられるのです。

もともと首の骨は前側に大きくカーブしているのですが、これがスマートフォンの操作で真っ直ぐに伸びてしまうと頭の重さで椎間板の負担が大きくなり、頸椎椎間板ヘルニアになるというわけです。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる