MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 頸椎椎間板ヘルニアの症状 » 肩こり

肩こり

ここでは頸椎椎間板ヘルニアの症状の1つである肩こりの特徴とその原因について解説しています。

頸椎椎間板ヘルニアで起こる肩こり

頸椎椎間板ヘルニアの症状に中に肩こりがあります。椎骨と椎骨の間の椎間板にある髄核が飛び出し神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアなので、無関係と思う方もいるかもしれません。

実は頸椎のヘルニアの場合は指や腕につながっている神経に影響するので、手のしびれ以外に肩が張ったり首周りが痛くなったりすることが多いのです。これが頸椎椎間板ヘルニアの肩こりです。

厳密に言うと神経痛なので血行不良で起こる通常の肩こりとは違います。ただ症状に幅があるので痛み方も違い、重だるかったり突っ張るという感覚になります。

長い間ずっと肩こりだと思っていた人が検査を受けたら、実は軽度の椎間板ヘルニアによる神経痛だったということがあります。肩こりだと思って放置しておくと悪化することもあるので注意が必要です。

通常の肩こりとの違い

軽度の頸椎椎間板ヘルニアと通常の肩こりの症状は似ていますが、明らかに異なる点もあります。両者の違いを知っておくことは頸椎椎間板ヘルニアの進行の予防につながります。

まず通常の肩こりの原因は肩や背中周辺が血行不良になり、老廃物が溜まって筋肉の緊張することで起きます。デスクワークなど動かずに同じ姿勢を続ける人は肩こりが起きやすくなります。

一方で頸椎椎間板ヘルニアの肩こりは飛び出した椎間板が神経を圧迫することが原因なので、肩甲骨周辺の痛みや張りだけでなく、指や腕にしびれを感じることがあります。肩こり以外にこうした症状が出た場合は頸椎椎間板ヘルニアが疑われます。

また通常の肩こりは血行不良が原因なのでマッサージをして肩を揉みほぐすと楽になりますが、頸椎椎間板ヘルニアの肩こりの元は神経痛なので強い刺激を与えることで悪化することがあります。

何となくいつもの肩こりと違うなと感じた場合は、病院の整形外科を受診して異常がないか検査することをおすすめします。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる