ヘルニア治療&予防大学HOME » 頚椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 病院での検査・診断

病院での検査・診断

頚椎椎間板ヘルニアの疑いで病院を訪れた際、どのような検査や診断が行われるのか?調べているページです。

頚椎椎間板ヘルニアの検査や診断

悩む男性椎間板ヘルニアというと、腰を連想する人が多いと思いますが、頚部に発症することもあります。デスクワークや車の運転が多い人、重労働やスポーツで頸部を圧迫する機会の多い人の間で、発症率が高いと言われています。

肩、胸、背中に痛みが出たり、手が痺れたり、酷い頭痛を招くなどの症状が出てきます。放置しても良いことはないので、すぐ検査をしてもらうのがおすすめですが、どのように診断されるのでしょうか?

まずは病院へ行こう!

頚椎椎間板ヘルニアの検査は、まず病院に依頼するのが無難。、整体やマッサージへ向かうことはおすすめしません。症状によっては、治療が逆効果になることがありますので、注意してください。

頚椎椎間板ヘルニアの場合、病院によって検査/診断を行う科が異なる場合があります。整形外科や脳神経外科の受診になることが多いでしょう。

とは言え、頚椎椎間板ヘルニアの診療や診断は、医師の経験値や実績に左右される部分も多くなるので、事前に評判の高い医師が在籍する病院を調べることが大切です。日本整形外科学会で導入されている手術法を実践していたり、認定資格を持っている医師であれば高い医療レベルを期待できるでしょう。

インターネットで日本整形外科学会のホームページを見ると、最寄りの病院を検索することができますよ。

検査の手順

病院で行われる検査は、どのようなものなのでしょうか。以下に見ていきましょう。

問診

まず医師による質疑に応答します。自覚症状について、尋ねられることになるでしょう。

同時に、手を握ったり開いたりする動作テストが行われる場合があります。ヘルニアによって神経や脊髄が圧迫され、素早い動きが取れなくなっていないか、判断するためです。

画像検査

X線やMRI、CTなど使用し、骨や体内の状態を診ていきます。これらの検査により、頚椎椎間板ヘルニアか否かが、判断されます。

他の病気のための手術で、体内に金属が入っている人、また金属製の顔料を使用したタトゥーなどがある人は、MRI検査を受けられないので、事前に報告しましょう。

上記の診断を経て「頚椎椎間板ヘルニア」と診断されれば、医師の指導に基づく治療が始まります。

症状の進行をストップさせるためにも、まず病院で検査を受けることを、おすすめします。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop