MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 頸椎椎間板ヘルニアの検査・診断

頸椎椎間板ヘルニアの検査・診断

ここでは頸椎椎間板ヘルニアかどうかを診断する際にどのような検査が行われるのかを解説しています。

病院で行われる頸椎椎間板ヘルニアの検査とは

頸椎椎間板ヘルニアかどうか診断するためには病院やクリニックなどの医療機関で検査を受けることになります。頸椎椎間板ヘルニアは首・肩に痛みが出たり手がしびれたりするなど日常生活に支障が出ることもあるので早めに診察を受けることが重要です。

どの科を受診するかについてですが頸椎椎間板ヘルニアの場合、病院によって検査/診断を行う科が異なる場合があります。整形外科や脳神経外科の受診になることが多いでしょう。

日本整形外科学会のホームページでは、整形外科専門医名簿から最寄りの病院を検索することができますし、日本脊髄外科学会のホームページでも脊髄外科認定医・指導医を検索することができます。

診断の手順としてはまず神経学的診察を行い、次にレントゲンやMRIなどの画像検査を行うのが一般的です。レントゲン検査のみでは頸椎椎間板ヘルニアかどうかの最終的な診断ができないため、設備の整った病院で受診するようにしてください。

検査の手順

問診

まず医師から問診がありますのでそれに答えます。主に痛みやしびれなどの自覚症状に関して尋ねられることになりますが、手を握ったり開いたりする動作テストが行われる場合があります。ヘルニアによって神経や脊髄が圧迫され、素早い動きが取れなくなっていないか、判断するためです。

画像検査

レントゲンやMRI、CTなど使用し、体内の状態を診ていきます。これらの検査により、頸椎椎間板ヘルニアか否かが判断されますが、主体となるのはMRIです。

MRIは磁力を利用した検査でレントゲンではわからない神経や筋肉などの組織の状態を把握できるからです。この他、状況に応じてCTや造影剤を使った検査が行われることがあります。

なお他の病気のための手術で、体内に金属が入っている人、また金属製の顔料を使用したタトゥーなどがある人は、MRI検査を受けられないので、事前に報告しましょう。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる