MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 頸椎の構造

頸椎の構造

ここではヘルニアの痛みに悩む人が知っておくべき頸椎の構造や椎間板について解説しています。

どうなってるの?頸椎の構造

頸椎とは脊柱(背骨)を構成する一部で最上部に位置し、7つの椎骨と椎間板が合わさっています。背骨全体は33~34個の椎骨と椎間板から成り、順番につながっています。

【背骨(脊髄)の順番】

頸椎→胸椎→腰椎→仙椎→尾椎

首や腕の痛みは、この頸椎部分に問題が発生することで引き起こされます。この部分は5~10kgはあるという重い頭部や腕の部分を支えているため恒常的に大きな負担がかかり、構造上痛みが発生しやすいのです。

頭が左右に動くのは1番目と2番目の椎骨だけが特別な形をしているからで、3番目以降はほぼ同じ形をしています。

頸椎にはこうした頭と腕を支えたり、頭をいろいろな方向に動かしたりする他に、中枢神経の束である脊髄を保護するという、大事な役目も担っています。

ただでさえデリケートな場所に交通事故やスポーツなどで大きな衝撃が加わるのは、非常に危険だと容易に想像がつきますね。

クッションの役割を持っている椎間板

椎間板とはすべての椎骨と椎骨のあいだに存在し、スムーズな動きを実現するクッションのような役割を持つもので、脊髄はその真中にある脊柱管を通っています。

椎間板の中央部はゲル状で柔らかい組織の髄核があります。その周囲には線維輪と呼ばれるコラーゲンで構成される組織が層になっています。こうした組織が椎間板のクッション性を生み出し、圧力を分散しているのです。

椎間板ヘルニアとは過剰な運動や外傷、加齢などにより椎間板が変性して飛び出し、脊髄や神経を圧迫することを言います。痛みやしびれといった症状はこの状態になって起きるのです。

脊髄が圧迫されるようになると手作業がやりにくくなったり、ふらつき、場合によっては排尿障害が発生することがあります。

頸椎椎間板ヘルニアと診断されたら、医師の指導に従いながら、頸椎を気遣うライフスタイルを考えていくことになるでしょう。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる