MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気

「首」が原因で起こる様々な病気

ここでは頸椎椎間板ヘルニアと併発しやすい頸椎や椎間板が原因で起こる病気について解説しています。

頸椎椎間板ヘルニア以外の頚椎が関係する病気

頸椎椎間板ヘルニアは脊髄が関わる代表的な病気ですが、その他にも症状は似ているけれども違う病気だったり、ヘルニアから進行するなど様々あります。そこで「首」が原因で起こりよく知られる病気をピックアップしました。

肩関節周囲炎(五十肩)

一般的には四十肩・五十肩と呼ばれるもので、老化により肩の関節が変性し炎症を起こすことで痛みが出る病気です。40代から50代の人に多く見られ、肩の関節を動かすと激しい痛みを感じ、重症化すると服の着替えもできなくなります。

肩関節周囲炎(五十肩)とヘルニアについて詳しく

胸郭出口症候群

斜角筋、鎖骨、第一肋骨、小胸筋などで構成される胸郭が狭くなり、鎖骨周辺にある腕神経叢という末梢神経や血管が圧迫されることで起こる病気です。なで肩の女性に多く発症し、腕を挙げる動作をすると肩や腕に痛みが生じたり上肢にしびれを感じます。

胸郭出口症候群とヘルニアについて詳しく

頚肩腕症候群

首や肩、腕にかけて生じる痛みやこりを含めた不快な症状を総称して頚肩腕症候群と呼びます。パソコンなど長時間同じ作業を繰り返すことにより神経や筋肉が疲労することで発症し、どちらかというと男性より若年層の女性に多く見られます。

頚肩腕症候群とヘルニアについて詳しく

インピンジメント症候群

肩を挙げる動作をする時に痛みや引っかかりを感じる病気です。肩関節で腱板の一部や滑液包などが挟み込まれることが原因でインピンジメントとは“衝突・挟み込み”を意味します。日常で肩を酷使する仕事やスポーツ選手に多く発症します。

インピンジメント症候群とヘルニアについて詳しく

変形性頚椎症

頚椎の椎間板が老化や疲労により変形し周囲に骨棘ができ、上下の椎骨の突出を伴うことで首の疲れや肩こりといった症状が起きる病気です。加齢による頸椎の変形はめずらしくなく無症状も多いですが、神経圧迫があると腕や足にも症状が現われます。

変形性頚椎症とヘルニアについて詳しく

頸部脊柱管狭窄症

頸部の脊柱管が狭くなる(狭窄症)ことで、中を通っている脊髄が圧迫を受け肩こりや手のしびれや痛みなどの症状が生じる病気です。加齢により頚椎が変化して神経を圧迫することで発症しますが、狭窄症の原因が椎間板ヘルニアという場合もあります。

頚椎すべり症

比較的腰部に発生しやすい椎骨のどれかの並びが前後左右にずれること(すべり)が頚椎に起こることにより、首の痛みや手や腕のしびれといった症状が出る病気です。頸部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを併発している場合もあります。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる