MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気 » 頸部脊柱管狭窄症

頸部脊柱管狭窄症

首が原因で起こる病気の一つである「頸部脊柱管狭窄症」。30代から増加しはじめ、40~50代がピークと言われています。

こちらでは、理解しておくと役に立つ、頸部脊柱管狭窄症の症状や検査・診断方法、原因、対策などをご紹介します。

頸部脊柱管狭窄症とは?

首の痛みや頑固な肩こりなどに悩まされる方のなかには、頸部脊柱管狭窄症の方も少なくありません。脊柱管とは、背骨のなかにあり、脊髄が通っている空間のことです。

頸部脊柱管狭窄症は、腰部に比べて発症する年齢が若いのが特徴。同じように、首に痛みを感じる病気に椎間板ヘルニアがありますが、ヘルニアは椎間板の中にある髄核が飛び出して神経を圧迫するのに対し、頸部脊柱管狭窄症は、色々な原因によって、首の脊柱管が狭くなってきている状態を指します。

頸部脊柱管狭窄症は、生まれつき首の脊柱管が狭いことで発症してしまうケースもあります。肉親などに頸部脊柱管狭窄症を発症した方がいる場合は注意しましょう。

頸部脊柱管狭窄症の症状

首や肩の症状

首すじの張りや肩こりは、頸部脊柱管狭窄症の最初の症状。首すじや肩甲骨の周囲に強い張りやこり、痛みが起きます。首を動かすと、痛みが余計に強まるのが特徴です。

手や腕の症状

神経根が圧迫されると、腕から手にかけて痛みやしびれがあらわれることがあります。また、握力が低下する場合もあります。

脊髄症状

脊髄が圧迫されることで起きるのが脊髄症状です。左右両側の首や肩、腕、手だけでなく、足にもしびれが起きる場合があります。悪化すると、箸が上手に使えなくなったり、ボタンをかけられなくなったりなど日常生活に不便が生じてきます。

頸部脊柱管狭窄症の検査・診断方法

頸部脊柱管狭窄症の診断には、主にMRIが使用されます。黄色じん帯がどれぐらい厚くなっているか、どれぐらい神経が圧迫されているかが分かります。

診断をして、頸部脊柱管狭窄症だと判断された場合、どのように治療するかを決定するために、レントゲンで検査を行うこともあります。

また、頸部脊柱管狭窄症が胸部に発症した場合、病気の進行が速いケースが多いため、注意が必要です。足元がおぼつかない、箸が使いにくい、テーブルや床に置いたコインがうまくつかめないというような症状がある場合、整形外科や脳神経外科を受診してください。

頸部脊柱管狭窄症が起こる原因と対策

脊柱管狭窄症の原因は主に2種類です。まず一つ目の原因は、体が成長する過程で脊柱管が狭くなる方向に骨が成長することです。これは骨性の狭窄と呼ばれるもので、見た目には分かりません。骨性の狭窄かどうかは、レントゲンを撮ることで調べられます。

二つ目は、脊柱管にあるじん帯で骨と骨をつないでいる黄色じん帯の変性です。黄色じん帯が肥厚すると、脊髄が圧迫され脊柱管の狭窄が起きます。頸部脊柱管狭窄症を防ぐためには、首に荷重をかけないようにします。また、首を反る動きや首に負担をかけるような動きは避けるようにしましょう。寝るときの枕の高さも、自分の身体に合わせて調整することが大切です。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる