MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気 » 頸椎すべり症

頸椎すべり症

あなたの首の痛みや手のしびれ、もしかしたら頸椎すべり症が原因かもしれません。首の病気の一つである頸椎すべり症になる原因は様々で、色々な症状を引き起こす病気です。頸椎すべり症の症状や原因、対策など頸椎すべり症に関する情報をまとめました。

頸椎すべり症とは?

すべり症とは、背骨(脊椎)の椎骨が前後左右どちらかの方向にずれてしまう病気のことを指します。この状態が首に起きた場合、頸椎すべり症と呼びます。似たような疾患として、頚椎椎間板ヘルニアがあげられますが、これは椎間板の中身である髄核が飛び出して神経を圧迫する病気であり、痛みの原因が異なります。

本来、頸椎は横から見ると、ゆるやかなカーブ状。しかし、すべり症では何らかの原因で骨を支えきれなくなり、ずれが起きます。すべりが大きくなると、脊柱管狭窄症といった別の病気を引き起こしてしまうこともあるため注意が必要です。

頸椎すべり症の症状

頸椎は首にありますが、頸椎すべり症は首だけでなく様々な場所に症状を引き起こします。頸椎すべり症の症状の一つには、首の痛みがあります。さらに頸椎などがずれて神経を圧迫すると、手や腕、指先にしびれを引き起こすことも。しびれによって指がぎこちなくなったり、小さいボタンがうまくとめづらくなったりします。

頸椎すべり症の検査・診断方法

頸椎すべり症の検査や診断は、整形外科などで受けることができます。頸椎すべり症であるかどうかは、MRIやレントゲンなどを用いた検査で判断されます。具体的には、頸椎がどの方向にどれぐらいずれているのかなどを検査。ずれが大きい場合、脊柱管狭窄症を引き起こしている場合もあります。

また、頸椎あたりは首に関する様々な病気の原因が見つかりやすい部分でもあるので、頸椎すべり症の検査をして別の病気を同時に発見することも考えられます。

首の痛みや手足のしびれなど、頸椎すべり症にあてはまる症状がある場合は、一度病院などに行き検査を受けるのがおすすめです。

頸椎すべり症が起こる原因と対策

頸椎すべり症の原因は様々です。まず、頸椎のゆがみによる構造的な問題や、ゆがみによる神経の流れの問題があります。頸椎がゆがむと神経の流れが悪化し、首の筋力バランスがくずれ間接に負担がかかってしまうのです。

さらに、ホルモンバランの崩れや栄養不足による骨粗しょう症によって、頸椎すべり症が起きる場合もあります。その他にも感染症や自己免疫疾患、栄養不足などの原因が。ここで、そんな頸椎すべり症への対策をご紹介します。

パソコンを触る場合は休憩をとる

頸椎すべり症の予防・改善のためには、頸椎にかかる負荷を軽くすることが大切。デスクワークなどパソコンを長時間操作する場合は、こまめに休憩をとりましょう。

ぬるめのお湯で入浴する

42度以上でお風呂に入ると交感神経を刺激してしまい、血行不良を引き起こす可能性があります。入浴の際は、38~40度程度のお湯でゆっくり入りましょう。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる