MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気 » インピンジメント症候群

インピンジメント症候群

肩をあげると痛い、肩が高く上がらない。このような症状は、インピンジメント症候群かもしれません。ここではインピンジメント症候群の特徴、症状、検査・診断方法や原因と治療法などをまとめました。

インピンジメント症候群とは?

インピンジメント症候群とは、肩をあげたり動かしたりするときに、肩関節に痛みを起こし、それ以上動かすことができなくなる疾患の総称です。

肩関節は、腱板と呼ばれる筋肉で包まれており、腱板は肩峰下滑液包と呼ばれる袋によって保護されています。インピンジメント症候群は、この腱板や滑液包が、何らかの原因で衝突したり、挟まってしまうことによって痛みが生じるものです。

頚椎椎間板ヘルニアも肩へ痛みが及ぶ場合がありますが、こちらは骨の変形から生じることが多く、インピンジメント症候群とは原因が異なります。

インピンジメント症候群の症状

インピンジメント症候群の主な症状として、日常生活やスポーツなどで肩をあげた時の痛み、筋肉痛や夜間痛などがあります。

また、腕をアーチ状にあげたとき、あるいはアーチ状におろしていくときに、60度から120度の間で痛みを生じる、有痛弧徴候と呼ばれる症状が見られることもあります。

これらの症状はすべて起こるわけではなく、どの症状が現れるかは個人によって異なります。

インピンジメント症候群の検査・診断方法

インピンジメント症候群は「肩甲骨周辺に圧迫されるような痛みを感じること」「インピンジメント症候群のような症状が見られること」「疼痛誘発テストで陽性となること」といった検査所見によって、診断がくだされます。

疼痛誘発テストの一例としては、次のような方法があります。まず、立位か座位で他者に肩甲骨をおさえてもらい、腕を持ち上げてもらいます。この時に、クリック音や痛みが生じると、テスト結果は陽性となり、インピンジメント症候群と診断されます。

インピンジメント症候群が起こる原因と対策

現代社会では、PCを使用した作業が多く、手指を使いすぎたり、長時間同じ姿勢を継続することが多くなっています。その結果、筋肉の疲労や、血流の低下、無理な姿勢を維持することによる筋肉への負担、運動不足が重なり、頚肩腕症候群が起こりやすくなってしまうのです。

治療には、原因となっている仕事や作業などを減らし、充分に静養をとることが大切。また、筋肉のコリをほぐすためのマッサージや、血流を改善するための温熱療法、入浴なども有効です。

さらに運動不足になりがちな人は、生活の中に腹筋など、軽い運動を取り入れることも、頚肩腕症候群の改善に必要なことだと言えます。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる