MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気 » 肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節周囲炎(五十肩)

ここでは肩関節周囲炎(五十肩)の特徴や症状、検査や対策方法について解説します。首ヘルニアとの関係性についてもまとめているのでご覧ください。

肩関節周囲炎(五十肩)とは?

関節周囲炎とは、加齢にともなって肩周辺の組織が変化し、炎症を起こして痛みを生じたり、関節の動きが悪くなったりする症状のことを言います。40~50代以降に発症する人が多いことから、四十肩・五十肩と呼ばれることも。

発症すると、肩から腕にかけて急激な痛みに襲われることがあります。首のヘルニアと見分けがつきづらいので、気になる症状があらわれたときには病院で検査してもらいましょう。 また首のヘルニアを発症すると腕の神経が圧迫されるため、通常よりも肩関節周囲炎を引き起こしやすくなるという説も。同時に発症することもあるほど、ヘルニアと密接な関係性をもった疾患なのです。

肩関節周囲炎(五十肩)の症状

肩関節周囲炎には「急性期」と「慢性期」があり、それぞれによってあらわれる症状に違いがあります。

【急性期】突然、肩に痛みがあらわれる

ある日突然、肩に激しい痛みを感じるのが急性期の症状です。四十肩や五十肩が発症した直後に生じます。片側の肩のみにあらわれるケースがほとんどで、肩を動かすと二の腕や手先に痛みやしびれを感じるのが特徴。髪や服を整えるのが難しくなり、眠れないほどの痛みを伴うこともあります。しばらく激痛が続きますが、数日間で治まるのが一般的です。

【慢性期】肩の可動範囲が狭くなる

慢性期の症状は、肩の痛みが鋭いものから鈍いものに変わっていき、肩を動かせる範囲が狭まっていくのが特徴です。肩を上げたり、後ろに回す動きが困難になります。動かすと痛むので放っておいてしまう人が多いですが、肩の筋肉を動かさずにいると組織がくっついてしまい、さらに動かしづらくなるので注意しましょう。

肩関節周囲炎(五十肩)の検査・診断方法

病院での検査方法

肩関節周囲炎の検査方法には、X線(レントゲン)撮影・関節造影検査・MRI・超音波検査などがあります。電磁波を当てたり、特殊な液を注入したりして、体の内部の様子を検査するものです。 肩や腕に痛みを感じる疾患は肩関節周囲炎以外にもたくさんあります。例えば、上腕二頭筋長頭腱炎や石灰沈着性腱板炎、骨腫瘍などです。複数の検査を行なうことで他の病気を見逃すリスクを軽減でき、より正確に肩関節周囲炎を診断することができます。

簡単セルフチェック方法

五十肩になる原因の一つとして考えられているのが肩関節のズレ。発症リスクをチェックできる方法があるので試してみましょう。方法は簡単で、まず力を抜いた状態のまま何気なく立ってみてください。このとき、両手が体の真横にある状態であれば正常です。真横に来ていない場合は肩の位置がズレているので、五十肩になっている可能性が高いと言えます。

肩関節周囲炎(五十肩)が起こる原因と対策

原因は加齢による筋肉の拘縮や炎症

五十肩の原因はハッキリとは明らかにされていませんが、関節を構成する骨や軟骨が老化し、肩関節の組織に炎症を起こすためだと考えられています。肩周りにはたくさんの筋肉がついていて、関節が360度自由に動かせるのが通常の状態。しかし、運動しないと次第に筋肉が硬くなっていき、肩がうまく動かせなくなっていきます。その状態で無理に動かそうとすると、炎症を起こし激しい痛みを伴うのです。

急性期は安静に、慢性期は運動療法が基本

痛みが激しい急性期はできるだけ安静にしておくのが重要。患部をアイシングしたり、湿布を貼ったりしながら様子を見ます。ステロイド剤・非ステロイド剤・ヒアルロン酸など、炎症を抑えるための注射も有効でしょう。

逆に慢性期は、できるだけ肩を動かすことで肩関節の動きをスムーズにしていきます。片手でアイロン(500~1kgのものならなんでもOK)を持ち、反対側の手を机に添えながら振り子のようにゆらゆらさせる振り子運動などが効果的です。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる