MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 頸椎椎間板ヘルニアとは? » 「首」が原因で起こる様々な病気 » 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

一般の方には聞き慣れない「胸郭出口症候群」。首が原因で起こる胸郭出口症候群は、ヘルニアと似て、手・腕に痛みやしびれが出現する病気です。では、どこがヘルニアと違うのでしょうか?また、どの様な症状がでるのか、どうして胸郭出口症候群になってしまうのかもご紹介します。

胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群とは、なで肩の女性や重量物を扱う仕事の方に多い病気で、腕をあげた時に、腕のしびれや肩・肩甲骨周囲に痛みが生じるものです。鎖骨や肋骨、首回りや胸の筋肉により神経や動脈が圧迫されることが原因とされています。ヘルニアと似て、手・腕に痛みやしびれが出現する病気です。

しかし、椎間板が飛び出して神経を圧迫するヘルニアと違い、胸郭出口症候群は筋肉が凝り固まり神経を圧迫します。そのため、胸郭出口症候群は日頃の姿勢や体操を意識することで予防・治療が可能で、カラーなどが必要なヘルニアと比べ比較的簡単に治すことができる病気です。

胸郭出口症候群の症状

つり革につかまる時や、高いところの物を取ろうとする時のように腕を挙げる動作に伴い、腕のしびれ・肩・肩甲骨周辺に痛みが生じます。また、腕の側面や小指の側面に沿って疼くような痛み、あるいは刺すようなチクチクとした痛み、痺れ感、ビリビリ感などの感覚障害、手の握力低下・細かい作業がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。

胸郭出口症候群の検査・診断方法

なで肩の女性や重いものを持ち運ぶ労働者で、腕を挙げる際のしびれなどがある方は、胸郭出口症候群の可能性が高いです。 簡単なセルフチェックをいくつかご紹介します。

これらに当てはまる方は、胸郭出口症候群の可能性が高いので、症状が深刻になる前に、病院へ行くことをお勧めします。 また、触診の他にも様々な診断テストがあります。ぜひ参考にしてみてください。なお、ライトテスト、エデンテストは一人では行えないので、第三者に手伝ってもらってください。

胸郭出口症候群が起こる原因と対策

胸郭出口症候群は、姿勢の悪さや筋肉の使い方により首・胸の筋肉が硬く凝り固まることで、神経や動脈が圧迫されて発症する病気です。また、先天的に鎖骨が下がっていることが原因で、神経や血管を圧迫することもあります。

一番の対策は、正しい姿勢をとることです。腕をあげる仕事や、重いものを持ち上げる運動や労働、リュックで重いものを担ぐことなどを避けることも対策につながります。上肢や付け根の肩甲帯を釣り上げている筋肉の強化訓練を行ったり、安静時も肩を少しくすめたような姿勢をとったりするのも効果的。治療には消炎鎮痛剤、血流改善剤やビタミンB1などの投与が行われます。骨格の問題や、症状が深刻な場合は手術を行うこともあります。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる