ヘルニア治療&予防大学HOME » 頚椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 症状

症状

首や肩をはじめ、顔面や手足にまで痛み・しびれが出る頚椎ヘルニアを調査。各種の症状を分かりやすく説明しています。

頚椎ヘルニアは部位によってさまざまな症状がでる

椎間板は、柔らかい髄核のまわりを繊維性軟骨組織である繊維輪が囲んだ軟骨組織。何らかの原因によりこの繊維輪が破けて髄核が飛び出ることで炎症を起こし、さまざまな症状が起きる病気を椎間板ヘルニアといいます。

椎間板ヘルニアの中でも、首に発生したものを頚椎椎間板ヘルニアと呼び、腰に痛みが出る腰椎椎間板ヘルニアと区別をしています。頚椎椎間板ヘルニアの症状は、部位によって異なります。

  • 首・肩…肩こりや首の痛み、背中の痛み、前胸部の痛み
  • 腕・手…腕のだるさ、手のしびれ、手のむくみ、上肢の痛み
  • 頭部・顔面…頭痛、目の奥の痛み、耳鳴り、めまい、ふらつき、後頭部の痛み
  • 下半身…脚のつっぱり、尿失禁、歩行障害

これらの症状が、一般的に(1)から(4)にかけて進行をしていき、症状が悪化していくことがほとんどです。

症状の始まりは寝違えたような鈍痛から

頚椎ヘルニアは部位によってさまざまな症状がでる頚椎ヘルニアの場合、一般的に数日間首を寝違えたような鈍痛や痛みが現れ、続いて手や肩に激しい痛みが生じます。

この痛みは2~3週間ほどでピークを超えて、鈍い痛みやしびれが残ります。それからまた数週間~数ヶ月で良くなるというパターンが多いようです。

もうひとつは、両手にしびれが現れ、両手を使う細かな作業が難しくなってくるタイプです。この場合時期を同じくして、足先がしびれる、歩行がなんとなく不自由になってくるという症状が始まり、数日~数週間で一気に進行するということがあります。

歩行障害などが見られるなど症状が悪化・進行している場合は手術による治療が好ましいため、様子を観察するのではなく早めに医師に相談をしましょう

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop