ヘルニア治療&予防大学HOME » 頚椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 治療法

治療法

頚椎椎間板ヘルニアの治療は腰椎ヘルニアとほぼ同じ。保存的治療と手術治療を分かりやすく紹介します。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法は大きく分けて2種類

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法とは頚椎椎間板ヘルニアの場合も、治療を行う部位が違うだけで基本的には腰椎椎間板ヘルニアと同様の治療方法が行われます。

症状が軽い場合は湿布や消炎鎮痛剤、けん引療法など「保存的治療」で進めていきますから、突然手術になることはほとんどありません。保存的治療は通院で治療を行っていきますが、症状が改善しなかったり重い症状がある場合には、ヘルニアの摘出や椎骨の固定をするための「手術治療」を行うこともあります。

保存的治療法

治療方法

  • 安静
  • 温熱治療
  • 消炎鎮痛剤の内服や湿布
  • けん引・理学療法
  • 頚椎用の装具、頚椎カラーなどを使った固定
  • ブロック療法(トリガーポイント・硬膜外ブロック・星状神経ブロック)
  • 鍼やマッサージ、整体、ストレッチなど

治療期間

保存的治療の場合は、首に負担をかけないようにして治るのを待つようになります。そのため手術のようにすぐに治ることはなく1ヶ月や3ヶ月など少しずつ効果が現れてきますから、我慢強く治療に取り組むことが大切です。

3ヶ月を過ぎても一向に効果が現れないようなら、医師に相談しながら手術を検討しても良いでしょう。

費用相場

保存的治療の場合、選択される治療法や併用される治療法、期間などによって費用が大きく変わります。例えば理学療法を用いた場合は保険が適用されるため、比較的費用は安価です。

1回の費用が数千円、1ヶ月通っても3~4万円程度だと思います。ただし整体やカイロプラクティックなどを選んだ場合は保険適用がされないことも多く、費用が高くなりやすいので注意しましょう。

手術治療法

治療法

  • ラブ法/全身麻酔でメスを使いヘルニアを摘出する手術法
  • 内視鏡摘出手術(MED法)/細い管を椎間板の中に入れて、内視鏡で確認しながらレーザー照射して気化させる手術法
  • 経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD法)/椎間板中央部にレーザーを照射して空洞を作り、椎間板の圧力を弱めて症状を改善する、近年注目されている治療法

治療期間

経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)が一番身体へのダメージが少ないため、入院期間も少なく当日退院も可能です。

一方、内視鏡摘出手術は手術時間が60分ほど、入院期間は1~2日程度。ラブ法は手術時間が2~3時間、入院期間が2週間ほどかかります。なかなかゆったり入院することができない方が多いと思うので、なるべく身体への負担が少なく入院期間も少ない治療法を選ぶのがおすすめです。

費用相場

平均的な費用相場は20~30万円ほどです。ただし高額医療費として認められれば自己負担限度額を超えた費用は支給されますから、安心して治療を受けることができます。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop