MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰痛予防・ヘルニア対策コラム » 坐骨神経痛とは?ヘルニアの違い

坐骨神経痛とは?ヘルニアの違い

腰痛の原因を調べるために病院へいったら「坐骨神経痛」と診断されたけど、具体的な内容はわからなかった。

そんな経験はありませんか?そんな経験をした方のために、坐骨神経痛やヘルニアとの関わりについてまとめてみました。

坐骨神経痛について知る

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛について知る前に、まずは坐骨神経について知っておきましょう。坐骨神経とはお尻にある坐骨にある神経で、腰から太ももの裏、ふくらはぎまでを通る足の中でも1番太い神経です。この神経が何らかの原因で刺激されて、腰や足に痛みが出ることを坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛とは痛みの名前

「坐骨神経痛」と聞くと痛みの原因のように感じますが、実は痛みの原因ではなく痛みの名前なのです。多くの医師は「坐骨神経が刺激されて出た痛み」と診断結果を出しますが、なぜ坐骨神経が刺激されたかについては教えてくれません。教えてくれないどころか、原因を調べてくれないこともあります。

なぜ痛みの原因を調べてくれないの?

多くの医師は診察を行なう際、患者さんの命に関わるか、生活に支障があるかを判断基準にします。放置すると命の危険がある、日常生活が送れないと判断された場合にはすぐに手術や治療を行なってくれますが、命を脅かす危険性が低い場合、様子見されることが多いのです。

様子見と言っても放置するのではなく、温熱療法やけん引療法といった治療が行なわれます。

そこで一時的に痛みが和らぐものの、すぐに痛みがぶり返して根本的解決に至らないのです。

坐骨神経痛はヘルニアが原因で起こる?

ヘルニアは臓器が本来の位置から飛び出した状態のことをいいます。腰の痛みの原因にもなる椎間板ヘルニアは、椎間板が潰れて中にある髄核(ずいかく)と呼ばれるものが飛び出した状態のこと。この飛び出した髄核が神経に触れて、痛みが出るのです。大きな神経である坐骨神経にこの痛みが伝わり、腰痛が起きていることもあります。椎間板ヘルニアが原因である場合、腰のほかに足にしびれが出る人も少なくありません。

椎間板ヘルニアの診断をしてもらうには、MRI診断が不可欠です。

痛みの原因を正しく診断してもらうには

坐骨神経痛と言われたら、痛みの原因を特定してもらうことが根本的な腰痛緩和に繋がります。「医師はなぜ痛みの原因を調べてくれないの?」で述べたとおり、医師は緊急性の低い症状にはなかなか対応してくれないものです。きちんと診断してもらうためにも、診察時に多少オーバー気味でも症状を伝えることが大切だといえます。例えば、腰が痛いときに足が痛むこともあるなら「腰も痛い、足も痛い、お尻も痛むことがある」と伝えるとよいでしょう。

患者さん側から診断を促すことも大切

痛みを切実に訴えているのに、それでも「坐骨神経痛」のひと言だけで済ませてしまう医師は少なくありません。そのような場合、患者さん側から「MRI診断をしてください」というのも、1つの手です。それでも診察を渋るようであれば、思い切って病院を替えてしまいましょう。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる