MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア患者の治療体験談 » スッキリ成功談

スッキリ成功談

ここでは手術を受けて完治したなど椎間板ヘルニアの治療に成功した人の体験談をまとめています。

椎間板ヘルニアで治療を受けても長引いている人がいる一方で、保存治療だけでも短期間で完治したという例もあります。

そこで、どのような方法や考え方が回復に結びつくのかを知るために、治療に成功した人の体験談を集めてみました。

ブロック注射で日常生活が可能に(10代男性)

椎間板ヘルニアを発症し、整形外科に3ヶ月ほど通院して牽引や電気治療を受けましたが良くならず。しかし、硬膜外ブロック注射は自分に合っていたようで、受けた時に久々に痛みがなくなりました。

注射をしても、基本的に時間の経過とともに元に戻るのですが、それでも徐々に痛みが減っていき、今は多少違和感があるものの、問題なく日常生活を送れるようになり、本当に良かったです。

切開手術で残った神経痛もPLDDで消えた(40代男性)

12年ほど前に、腰痛で大がかりな切開手術を受けました。椎間板ヘルニアが2箇所あり、そのうち一つを手術で取り除いたのですが、その後も神経痛のようなズキズキした痛みが残りました。

しかし、また切開手術を受ける勇気もなかったので、PLDDというレーザー治療を受けることにしました。術後は腰の痛みも残って不安だったのですが、2週間ほどで痛みがなくなり、不快だった神経痛も消えてしまいました。

整骨院で症状が悪化し手術でしびれが消えた(30代女性)

腰痛があり、最初は整骨院で骨盤矯正を受けていましたが、症状は悪化するばかり。下肢の痛みだけでなく、しびれも出始めたため、整形外科を受診したところ、椎間板ヘルニアで即手術が必要と診断されました。

内視鏡下椎間板摘出術という手術を受けたのですが、入院期間は1週間で無事に終了。その後の疼痛も軽く済み、今ではしびれも嘘のようになくなりました。

長年苦しんだ腰痛も最新設備の手術で回復(40代男性)

高校の部活中に重度の椎間板ヘルニアを発症し、手術を受けましたが、それから再発を繰り返していました。その後、腰痛クリニックでブロック注射を受け、日常生活に支障が出ないほどまで回復したものの、大学在学中に再び腰を痛めました。

久々の病院は、設備も最新式で内視鏡手術を受けましたが、手術もすぐに終わり、痛みもほとんど感じないまま退院。現在は、それから1年が経過していますが、不自由のない生活ができています。無事に大学院も卒業できました。

PELD手術後は以前の状態が嘘のように回復(60代男性)

ある日、無理な姿勢で荷物を運んだ時に激痛が走り、整形外科を受診したら、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。最初はブロック注射などで治療を受けていましたが、改善しないのでPELD手術に踏み切りました。

一時間半位で手術が終わり、痛みはありませんでしたが、1ヶ月はおとなしくしていました。検診を終えて、今では運転して出かけられるまでになりました。2~3ヶ月前は歩くこともできなかったのに嘘のようです。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる