MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ドクターに聞く!ヘルニアについての疑問 » ヘルニアとデスクワークの関係性

ヘルニアとデスクワークの関係性

こちらのページではデスクワークによる腰への負担と、ヘルニアの関係性や腰への負担を軽減するための方法についてまとめています。おすすめのストレッチや正しい姿勢なども紹介しているので参考にしてください。

ヘルニアとデスクワーク


長時間のデスクワークによる腰へのダメージは、思っているよりも大きなものです。中腰での作業や重いものを持ち上げる動作よりも、腰に負担をかけています。


デスクワークで長時間座りっぱなしでいることは、腰痛を招く大きな要因です。ヘルニアが原因の腰痛と、座りっぱなしが原因となって起こる腰痛では種類が違いますが、腰に重い負担がかかる状況が長い間続くと、ヘルニアを発症してしまう可能性が高くなります。

座っているときの腰の負担


立っているときは、股関節や足首など多くの関節がクッションの役割を果たし、体の重さを分散しています。しかし、座っているときは上半身の重量のほとんどを腰で支えることになります。腰への負担は、普通に座っているだけでも、立っているときの4割も増加します。姿勢が悪いとその負担は2倍近くにも跳ね上がってしまうのです。


デスクワークでは腰痛を防ぐためにも、正しい姿勢で座ることや、こまめに体を動かすといったことを心がけましょう。

正しい座り方


腰への負担を軽くする「正しい座り方」のポイントは3つ。

猫背や前かがみの姿勢は、腰の痛みを招く要因になります。ほかにも、脚を組んだり肘をついたりするクセがある人も気を付けましょう。脚組みや頬づえなどは体が斜めになるため、腰痛の原因の一つである骨盤のゆがみを引き起こしてしまうことになります。

正しい座り方を身に着けることで、腰への負担が軽減され、仕事にもより集中することができるでしょう。


デスクワークにおける限界時間


ずっと座りっぱなしの姿勢で作業をするのは長くても1時間までにしましょう。それ以上になってしまうと、全身の血流が悪くなり腰痛の原因になります。少なくとも、1時間に1回は体を動かすようにしましょう。ストレッチをするのがおすすめですが、難しい場合はトイレに行ったり、軽く階段を昇り降りしたりするだけでも効果があります。


おすすめのストレッチ


座ったままでできるストレッチを紹介します。

ストレッチの注意点


腰痛の予防のためにストレッチは有効です。しかし、すでに腰に痛みがあるときのストレッチは、じん帯を傷つけてしまう可能性もあるため控えましょう。また、急激に体を動かすことも腰痛の原因になります。ストレッチをする際にはゆっくりと行うよう注意してください。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる