ヘルニア治療&予防大学HOME » 腰椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法

腰椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法

腰椎椎間板ヘルニアとは?原因から症状、選択できる治療法などを調べた内容を分かりやすくまとめました。

腰椎椎間板ヘルニアについて知る

ある日突然、腰に激痛やしびれが起きる腰椎椎間板ヘルニア。20~40歳の男性に多い疾患で、腰痛だけでなく足にも痛みやしびれが現れることが多くあります。

腰椎椎間板ヘルニアにかかりやすいタイプは、腰に負担のかかりやすいお仕事をしている人といわれています。特に運搬業など重いものを持ち上げたり運んだりするお仕事の場合、日ごろから腰に負担がかかっているため、ヘルニアの危険因子も多いと言われています。他にも喫煙や肥満、遺伝的要素もあり、健康に気をつかっていた方でも突然発症することもあります。

多くの場合は、腰痛とともにお尻から足にかけて痛みやしびれを自覚します。ひどい場合は歩行が困難になり、日常生活もままならなくなります。腰の痛みは数日~数週間の安静で徐々に改善していきますが、足の痛みやしびれはなかなか思うように治らないことも多いようです。

ここでは、腰椎椎間板ヘルニアの症状と原因、治療法について調べた内容をまとめました。「もしかして腰椎椎間板ヘルニアかも?」と思ったら、まずは症状が当てはまるかどうかを確認し、なぜなったのかを原因から探してみて下さい。そして病院では現在どのような治療を行っているのかを確認して、今後どうしたら良いかを医師に相談しましょう。 

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop