MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは?

ここでは腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因、併発することもある腰の病気についても解説しています。

腰椎椎間板ヘルニアは20~40歳の男性に多い疾患で、特に腰の負担が大きいお仕事をしている人はかかりやすいと言われています。

多くの場合、腰痛とともにお尻から足にかけて痛みやしびれを感じるようになりますが腰痛を症状とする病気は様々あり、すぐに腰椎椎間板ヘルニアと判断するのは危険です。

そこで腰椎椎間板ヘルニアの理解を深めるために症状や原因、腰椎の構造など知っておくと役に立つ知識をまとめました。

【ドクターが語る】椎間板ヘルニアの
効果的な治療法に関する動画を見る

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は腰痛ですが、その他にお尻から太ももの後ろ、足首、つま先まで痛みやしびれをともなう坐骨神経痛を多くの人が感じるようになります。発症後に症状が落ち着くので油断しやすいですが、放置すると長期化する危険もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの原因

脊椎に加わる衝撃を緩和する役割を持つ椎間板が変性して弾力性を失い組織の一部が飛び出し神経を圧迫することで発症。座ったままの仕事や加齢、偏食によるカルシウム不足で骨が変形して椎間板を圧迫したり、姿勢の悪さによる背骨や骨盤のずれなども原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断

腰椎椎間板ヘルニアかどうか診断するためには病院やクリニックなどの医療機関で検査を受けることになります。検査は問診、神経学的診察、画像検査の順番で進められますが、画像検査では痛みもない上に患部が把握しやすく確実に診断できるMRIがよく利用されます。

腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェック法

腰椎椎間板ヘルニアかどうかチェックできるスコアリングシステムがあり、チェックシートに従って点数化することで自己チェックにも使えます。客観的に判断しやすいものとして日本整形外科学会による「腰痛疾患治療判定基準」がおすすめできます。

腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェックについて詳しく

腰椎の構造

腰椎とは脊柱(背骨)を構成する一部で腰の部分に相当し、5つの椎骨が合わさっています。脊柱は33~34個の椎骨と椎間板から成り、順番につながっています。腰の痛みは腰椎部分に問題が発生することで起こり特に第4~5腰椎に異常があるケースが多いです。

ヘルニアに関わる腰椎の構造について詳しく

「腰」が原因で起こる様々な病気

腰椎椎間板ヘルニア以外に腰が関係する主な病気には腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、脊髄腫瘍、側湾症、骨粗しょう症、脊椎カリエス、変形性脊椎症があり、中にはヘルニアと併発するものがあるので注意が必要です。

腰痛に関する病気について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの症状とは?

腰痛の中で最も症例数の多い腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛の原因のうち2~3割を占めています。発症するとどんな症状が出るのでしょうか。

現在あなたが抱えている悩みが該当する場合は腰椎椎間板ヘルニアの可能性もありますので、しっかりと確認して下さい。

下肢に痛みを感じる

腰椎椎間板ヘルニアの症状としてよくあらわれるのが、下肢の痛みです。腰の部分は第1腰椎~第5腰椎と呼ばれる5つの骨で構成されています。第1・2腰椎、第2・3腰椎などの間にある椎間板がつぶれることで、下肢に痛みが発生するのが特徴。痛みの程度は鈍いものから激しいものまでさまざまで、どの椎間板がつぶれたかによって痛みが出る場所が異なります。

第1・2腰椎の間の椎間板がつぶれた場合、腰の上あたりに痛みが生じることがほとんど。第2・3腰椎と、第3・4腰椎の間の椎間板がつぶれると、近くにある足の付け根やそけい部、太ももの前方に痛みが生じやすくなります。

第4・5の間の椎間板がつぶれた場合も痛みがあらわれます。腰痛の原因のほとんどが、この部分の痛みによるものです。おしりから太ももの横、ヒザの下、すねの外側まで痛みが及びます。親指に力が入らなくなり、足首があげられなくなることが多いようです。

第5腰椎と、その下にある仙椎の間の椎間板がつぶれた場合にも痛みが出ます。場所は、おしりの真ん中や太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、あしの小指など多岐に渡ります。アキレス腱の反射が弱くなって、つま先歩きができなくなるでしょう。

だるさやしびれが生じる

痛みだけでなく、だるさやしびれもあらわれるのが腰椎椎間板ヘルニアの特徴です。

しびれには血管性のものと神経性のものがありますが、腰椎椎間板ヘルニアのしびれは神経性のもので神経そのものが圧迫されて引き起こります。

第2・3腰椎、第3・4腰椎の間の椎間板がつぶれることで、だるさを感じやすくなります。ときにはしびれが起こることも。足の付け根や太ももなどが症状の起こる部位です。

第4・5腰椎の間の椎間板がつぶれたときにも、しびれが発生します。おしりや太もも、ヒザの下、すねの外側はしびれの出やすい部位です。

つまり第5腰椎と仙椎の間の椎間板がつぶれると、おしりの真ん中や太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれやすくなります。

そういった理由からしびれが現れるということです。

腰だけでなく、おしりや足にも痛みやしびれが起こる理由

椎骨や椎間板が傷むと腰に痛みが出るだけでなく、おしりや足も傷んだりしびれたりするのはなぜでしょうか。それは、腰椎や椎間板の後ろにぴったりくっつくように神経が通っているからです。

脳から続く神経が通っている部位を脊柱管といいます。脊柱管には脊髄や馬尾神経が通っていて、おしりや足につながっているのです。腰椎がずれたり、腰にある椎間板がつぶれたりして突起をつくると、脊柱管を圧迫してつながっている神経に触れてしまいます。結果としておしりや足がしびれ、痛みが生じてしまうのです。

重症化すると歩行困難や排尿困難に

足のしびれを放っておくと、重症化する可能性が高まります。重症化すると足に力が入らなくなるので、杖や車いすが必要となるでしょう。さらにヘルニアがひどくなると、飛び出した椎間板が膀胱や腸を通る馬尾神経を強く圧迫。尿もれや頻尿などを引き起こし、排尿が困難になるケースもあります。

ここまで症状が進行すると将来寝たきりになる可能性が出てくるため、迅速に治療を受けることが大切です。

さまざまな治療で改善が可能

椎間板ヘルニアになると私生活でも様々な悪影響が出ます。

しかし椎間板ヘルニアといっても様々な原因や要因があるので適切な治療が必要です。

正しいヘルニアの治療を調べて医者に相談しましょう。

ヘルニアの治療ついて詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの診断法

病院でMRI撮影をすることで腰椎椎間板ヘルニアかどうかはすぐに分かりますが、簡単に診断できる方法もあります。ここでは、腰椎椎間板ヘルニアの診断方法である下肢伸展挙上試験やMRI、エックス線撮影、CT診断、脊髄造影について紹介していきましょう。

下肢伸展挙上試験(かししんてんきょじょうしけん)

腰椎椎間板ヘルニアかどうかを簡単に調べる方法としてよく知られているのが、下肢伸展挙上試験です。伸展とはのび広げることをいい、挙上とは持ち上げることを指します。足を持ち上げられるかどうかを確認するテストです。

まず仰向けにまっすぐ寝っ転がります。その後、ヒザを伸ばしたまま、片足を上に持ち上げましょう。健康な方だと70度以上は軽く持ち上げられます。しかし、腰椎椎間板ヘルニアを起こしている方は20~30度持ち上げただけで痛みを感じてしまい、それ以上足が上がりません。ただし、90度くらい足を上げられる方でも、腰痛を感じてMRIで調べたところ腰椎椎間板ヘルニアだったケースもあります。そのため、テストで足が上がっても腰痛を感じるようであれば、病院にかかるのがおすすめです。

病院で受けられる診断

病院の診察は、身体診察所見から始まります。その後、病院で腰椎椎間板ヘルニアかどうかを調べるときに広く使われているのが、MRIによる画像診断です。ほかにエックス線撮影やCTを使った診断、脊髄造影による診断もあります。

身体診察所見

はじめに、医師が下肢の感覚が鈍くなっているかどうか、足の力が弱くなっていないかを診断します。その後、MRIやエックス線撮影などで検査を実施。診断や検査の結果から、腰椎椎間板ヘルニアかどうかを確定します。ただし、MRI画像で椎間板が飛び出していても、症状がなければほとんどの場合で問題なしとされます。

MRI診断

MRIは「Magnetic Resonance Imaging」の略で、日本語では核磁気共鳴画像法といいます。磁気によって体内の水分量を測り、体の内側の状態を判定する方法です。

人体の細胞は、水素原子核(プロトン)という目に見えないほど小さな粒子でできています。プロトンは、磁場に反応する性質を持っているのが特徴です。

MRIが腰椎椎間板ヘルニアを診断する仕組み
MRIではプロトンと同じ周波数の電磁波が照射されます。電磁波を受けることでプロトンがエネルギーを放出し、MRIが放出されたエネルギーを信号としてキャッチ。コンピュータで処理され、画像がつくられます。エネルギーは時間が経つと放出量が減りますが、減量の仕方が問題のあるプロトンと健康なものとで変わるのです。
例えば、水分量が他の細胞よりも多いがん細胞はMRIで照射される電磁波の影響を受けやすく、エネルギーをたくさん放出するので他の健康な細胞と区別できます。
また、MRIは人間の体を立体的に撮影することも可能。腰椎の後ろを通っている脊柱管をはっきり映し出せます。そのため、腰椎椎間板ヘルニアが起こっていると、脊柱管がヘルニアに圧迫されて細くなっている様子が即座に分かるのです。

エックス線診断

レントゲンという人物が発見したため、レントゲンと呼ばれることも多いエックス線。人体にエックス線を照射させると、フィルムに体内の様子が焼き付けられます。もとのフィルムは白いのですが、エックス線をあてることで黒く変色するのです。肺の中の空気や皮膚、筋肉などはエックス線の透過度が高いためフィルムに黒く写り、骨や臓器は透過度の低さから白く写ります。

目には見えない骨の状態がとてもよく分かるので、骨折のような骨病変を調べる際によく使われる診断法です。また、バリウムのような造影剤を飲むことで、消化管や血管の状態も撮影できます。

エックス線が腰椎椎間板ヘルニアを診断する仕組み
診断費用や設備費用といった経済面や、撮影のしやすさから、多くの病院で健康診断に使われることの多いエックス線。腰痛を診てもらうために病院を訪れると、多くの場合でエックス線撮影が行われます。ただし、椎間板はエックス線に写らないため、腰椎椎間板ヘルニアそのものは写せません。腰椎自体は撮影されているため、異常があるかどうかは診断できます。

CT診断

CTは「Computer Tomography」の略で、日本語ではコンピュータ断層撮影法と呼ばれます。CTスキャンは、頭を打ったときやインプラント治療を受けるときなどによく使われる診断法です。

CTは360度のあらゆる方向から、人体にエックス線を照射する機器。人体を通り抜けたエックス線が検出され、そのデータをコンピュータで処理すると、体の輪切り画像がつくられます。エックス線の吸収量が多いことで、白く写るのが骨です。空気は黒く、水や筋肉は灰色に写ります。造影剤を使用することで、より正確な診断が可能です。がんの早期発見や脳血管の疾患などを発見するのに役立っています。ただし、放射線を使用するため、わずかな量ですが被ばくすることに。必要なとき以外、繰り返しの撮影は避けられています。

CTは腰椎椎間板ヘルニアの診断に使われない
CTはエックス線撮影よりも精度が高く、病変を見つけやすい診断法ですが、エックス線と法則は同じです。そのため、エックス線と同様に軟骨を写せないので、腰椎椎間板ヘルニアの診断にはほとんど使われません。

脊髄造影による診断

脊髄や馬尾神経の圧迫性疾患の場合に行われるのが脊髄造影検査です。局所麻酔後、腰椎から脊髄液内に造影剤を注入。患部のレントゲン・CT撮影をします。終了後、3~8時間はベッド上での安静が必要です。近年、MRI画像の精度が良くなり、脊髄造影検査を行わない医療機関が増えています。

診断が終了した後は、結果に基づいた治療が受けられます。治療法は、安静治療や整体・矯正、マッサージなど。希望すれば手術を受けることもできます。レーザー手術はメスを使った手術よりも肉体的・精神的負担が少ないと、近ごろ注目されている方法。自分の症状に合った治療を行うためにも、まずは病院で診断を受けるのがおすすめです。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる