MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは?

ここでは腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因、併発することもある腰の病気についても解説しています。

腰椎椎間板ヘルニアは20~40歳の男性に多い疾患で、特に腰の負担が大きいお仕事をしている人はかかりやすいと言われています。

多くの場合、腰痛とともにお尻から足にかけて痛みやしびれを感じるようになりますが腰痛を症状とする病気は様々あり、すぐに腰椎椎間板ヘルニアと判断するのは危険です。

そこで腰椎椎間板ヘルニアの理解を深めるために症状や原因、腰椎の構造など知っておくと役に立つ知識をまとめました。

【ドクターが語る】椎間板ヘルニアの
効果的な治療法に関する動画を見る

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は腰痛ですが、その他にお尻から太ももの後ろ、足首、つま先まで痛みやしびれをともなう坐骨神経痛を多くの人が感じるようになります。発症後に症状が落ち着くので油断しやすいですが、放置すると長期化する危険もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの原因

脊椎に加わる衝撃を緩和する役割を持つ椎間板が変性して弾力性を失い組織の一部が飛び出し神経を圧迫することで発症。座ったままの仕事や加齢、偏食によるカルシウム不足で骨が変形して椎間板を圧迫したり、姿勢の悪さによる背骨や骨盤のずれなども原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断

腰椎椎間板ヘルニアかどうか診断するためには病院やクリニックなどの医療機関で検査を受けることになります。検査は問診、神経学的診察、画像検査の順番で進められますが、画像検査では痛みもない上に患部が把握しやすく確実に診断できるMRIがよく利用されます。

腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断について詳しく

腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェック法

腰椎椎間板ヘルニアかどうかチェックできるスコアリングシステムがあり、チェックシートに従って点数化することで自己チェックにも使えます。客観的に判断しやすいものとして日本整形外科学会による「腰痛疾患治療判定基準」がおすすめできます。

腰椎椎間板ヘルニアのセルフチェックについて詳しく

腰椎の構造

腰椎とは脊柱(背骨)を構成する一部で腰の部分に相当し、5つの椎骨が合わさっています。脊柱は33~34個の椎骨と椎間板から成り、順番につながっています。腰の痛みは腰椎部分に問題が発生することで起こり特に第4~5腰椎に異常があるケースが多いです。

ヘルニアに関わる腰椎の構造について詳しく

「腰」が原因で起こる様々な病気

腰椎椎間板ヘルニア以外に腰が関係する主な病気には腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、脊髄腫瘍、側湾症、骨粗しょう症、脊椎カリエス、変形性脊椎症があり、中にはヘルニアと併発するものがあるので注意が必要です。

腰痛に関する病気について詳しく

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる