ヘルニア治療&予防大学HOME » 腰椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 原因

原因

腰が痛い原因を知りたい…そのひとつが腰椎椎間板ヘルニアです。加齢や偏食など、その原因をリサーチした結果をまとめています。

腰椎椎間板ヘルニアだと腰が痛い原因とは

腰椎椎間板ヘルニアの腰が痛い原因とは椎間板は線維輪と髄核からできていて、背骨をつないでクッションの役目を担っています。線維輪と髄核はちょうどあんぱんのようなもので、外側のパンの部分が線維輪、あんこの部分が髄核になっています。

腰椎椎間板ヘルニアは、このパンの部分である線維輪が破けて、中に入っていたあんこの部分である髄核が出っ張ってしまった状態。その後ろにある神経に当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

なぜ椎間板が破けてしまうかというと、主に身体の老化が挙げられます。20歳を過ぎた頃から椎間板はだんだんと弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃や圧迫で髄核が飛びやすくなります

また、加齢や偏食によるカルシウム不足で骨が変形して椎間板を圧迫するケースや姿勢の悪さによる背骨や骨盤のずれ、ゆがみも原因となります。

椎間板ヘルニアの根本的な原因は、背骨に負担がかかっていることです。日常生活の動作が引き金になる場合も、背骨に負担がかかっている状態だからこそ。正しい姿勢を意識しながら、骨の老化を防止する食生活、背骨に負担をかけない日常生活など、普段の生活で原因を取り除いていくことが大切です。

痛みの原因は炎症が関わっている

椎間板ヘルニアというと、単に神経が圧迫されることで引き起こされていると思いがちですが、痛みのもとは炎症であるといわれています

通常身体の一部分を押しても痛みを感じませんが、炎症して赤く腫れ上がっている部分を押すと痛みを感じます。それと同じく、椎間板ヘルニアでも炎症が起きているからこそ痛みを感じるそう。

つまり炎症が治れば、しびれやだるさは残るものの、痛みが消えることとなります。そのため治療は出っ張ったヘルニアを引っ込めるのではなく、炎症が起きている部分を治すことも大切です。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop