MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断

腰椎椎間板ヘルニアの検査・診断

ここでは腰椎椎間板ヘルニアかどうかを診断する際にどのような検査が行われるのかを解説しています。

病院で行われる腰椎椎間板ヘルニアの検査とは

腰椎椎間板ヘルニアかどうか診断するためには病院やクリニックなどの医療機関で検査を受けることになります。最初に整体院やマッサージ店に行っても診断はできません。

どの科を受診するかについてですが整形外科に行ってください。その中でも日本整形外科学会が、「専門医」として認定している医師が在籍する病院が、特におすすめです。インターネットで日本整形外科学会のホームページを見ると、最寄りの病院を検索することができます。

診断の手順としてはまず神経学的診察を行い、次にレントゲンやMRIなどの画像検査を行うのが一般的です。ヘルニアの疑いがあるからと言って特別な検査が行われるわけではなく、常に整形外科で行う手順に従って進められます。

検査の手順

問診

まず医師から問診がありますのでそれに答えます。主足腰の痛みやしびれに関して尋ねられることになりますが、どんな時に症状が強くなるか安静時はどうかなど細かく状態を把握します。その後に仰向けやうつぶせの状態で、足腰の可動状況を調べる触診が始まります。

神経学的診察

触診では医師は神経の部分にどのような問題が起きているのかを診ています。具体的には、痛みや温度などの感覚、そして筋力低下や麻痺が起きていないかをチェックしているのです。

SLRテスト(下肢伸展挙上テスト)やFNSテスト(大腿神経伸展テスト)などを行って痛みの再現を行い、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛であるかどうかが診断されます。またこうした神経学的診察を行うことで椎間板の飛び出し程度を推察します。

画像検査

レントゲンやMRI、CTなど使用し、体内の状態を診ていきます。椎間板ヘルニアの診察で主体となるのはMRIです。状態に応じてCT検査が行われることもありますが、痛みもなく椎間板ヘルニアかどうか確実に診断できる点でMRIが最も優れています。

レントゲンは軟骨である椎間板を写すことができないので、坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニア以外にある場合には有効です。

なお他の病気のための手術で、体内に金属が入っている人、また金属製の顔料を使用したタトゥーなどがある人は、MRI検査を受けられないので、事前に報告しましょう。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる