MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因

ここでは腰椎椎間板ヘルニアが発症するメカニズムとその原因について解説しています。

腰椎椎間板に負担がかかる具体的な理由

腰椎椎間板ヘルニアは脊椎に加わる衝撃を緩和する役割を持つ椎間板が変性して弾力性を失い組織の一部が飛び出し神経を圧迫することで発症します。

椎間板は線維輪と髄核から構成されますが、両者はちょうどあんぱんのような関係で外側のパンの部分が線維輪、あんこの部分が髄核になっています。

腰椎椎間板ヘルニアは、このパンの部分である線維輪が破けて、中に入っていたあんこの部分である髄核が出っ張ってしまった状態。その後ろにある神経に当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

なぜ椎間板が破けてしまうのか一言で表現するなら「老化」です。加齢により肌にハリや弾力が無くなりシワができるのと同様に椎間板も年齢とともに弾力が無くなり壊れやすくなってしまうのです。

20歳を過ぎた頃から椎間板はだんだんと弾力性を失っていき、日常生活で重いものを持ち上げたり腰をひねった時など、ちょっとした動作の衝撃や圧迫で髄核が飛びやすくなります。

また、加齢や偏食によるカルシウム不足で骨が変形して椎間板を圧迫するケースや姿勢の悪さによる背骨や骨盤のずれ、ゆがみも原因となります。

意外と知らない日常生活での椎間板への負担

私たちは日常の生活であまり重力を意識することはありませんが、腰の椎間板の負担は重力が深く関係しています。脊椎の下部にある腰椎の椎間板は、頭、胴、腕などの重みを一手に受けるので発症しやすいのです。

また椎間板は座ったままであったり、立って前かがみになるといった動作だけでも体重の2.5倍の圧力がかかると言われています。これが繰り返されると椎間板に変性をもたらしてしまうというわけです。

したがって長時間の車の運転をするタクシーやトラックドライバー、中腰での作業が多い金属・機械業の仕事に携わる人は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

このように日常生活の動作や姿勢が引き金になる場合も多く、椎間板への負担が積み重なることで発症するのである程度の年齢に達したら骨の老化を防止する食生活、背骨に負担をかけない生活を心がける必要があります。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる