MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 腰椎椎間板ヘルニアの症状 » 腰椎椎間板ヘルニアの初期症状

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状

腰椎椎間板ヘルニアによって起こる初期症状。保存療法で緩和できるものから、手術が必要だと判断されるものまであります。どのような症状が出たら医師に相談するべきか、一度確認しておいてください。

腰の痛み

腰痛は、腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状です。腰が痛むことで、お辞儀が難しくなります。かがむ動作を苦痛に感じ、物を持ち上げる時も痛みに耐えなければいけません。最初はただ腰が痛いというだけでも、悪化すると腰を反らすことすら困難になるでしょう。

人によっては、2ヵ所以上にヘルニアが発生することもあるそうです。ただ、必ずしも腰痛の原因がヘルニアとは限りません。実は腰痛の8割ほどが、原因不明で発生するとされているためです。分かっている範囲では筋肉に疲労がたまっている、ぎっくり腰など、残り2割の原因は複数あります。

痛みの特徴

腰椎椎間板ヘルニアの腰痛の特徴として、電気が走るような痛みと表現されます。もしそのような痛みがあるのであれば、一度病院で診てもらったほうが良いかもしれません。腰椎椎間板ヘルニアは10~50代の人なら誰にでも起こりうる病気です。特に普段から腰に負担がかかる仕事をしている人は注意しましょう。

例えば長時間のデスクワークや、引っ越し業者の人などが当てはまります。姿勢の悪い状態が続く、重いものを運ぶなど、長時間腰に負担がかかるとヘルニアを発症しやすくなります。背筋を伸ばした正しい姿勢や、物を持ち上げる時は腰を下げた状態で持つことを意識してみてください。普段から姿勢に気を付けることで、椎間板ヘルニア発症の予防につながります。

それでも、腰椎椎間板ヘルニアを発症してしまった場合はどうすればいいでしょうか。

発症時の対処法

初期のヘルニアは温熱療法や安静療法、姿勢矯正などで治療します。温熱療法は患部を温め、姿勢矯正は整骨院などで矯正可能です。

ただし、患部が炎症を起こしている場合は温熱療法だと悪化する恐れがあります。もし症状が悪化したと感じたら、治療をいったん止めて病院へ相談しましょう。

腰痛以外の初期症状はおしり、ふともも、足の裏など、下肢のしびれ

腰痛以外の初期症状として、おしりや足などにしびれが生じます。しびれがあることで歩きづらくなり、安静にしていてもしびれが残る場合も。しびれが残ってしまうと、思ったように歩けなくなる人もいるそうです。このしびれが長期間続くようなら、手術が必要になるでしょう。椎間板ヘルニア発症から数か月経ってもしびれが残っている場合は、手術を行います。

原因は、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫です。椎間板ヘルニアは、背骨にある髄液が飛び出た状態のことを指します。髄液は本来クッションのような役割を持ちますが、これが飛び出すことで背骨にある神経を圧迫。負担を減らすどころか、逆に増やしてしまうのです。神経が圧迫されることにより、おしりやふとももなどにしびれが発生。下肢がしびれているということは、神経の状態が悪化しているサインです。しびれ以外にも、筋力の低下や冷えると感じるようになったら要注意。頻尿や尿漏れなどの排尿障害も起きやすくなるので、そのような症状がある場合はすみやかに診療を受けてください。

その他にもある私生活への影響

歩行困難

しびれにより起こる歩行困難。この症状が起きると、体のバランスが取りにくくなります。階段も手すりがないと危険だと感じるようになるでしょう。腰痛も発症しているなら、より歩きづらいと感じるはずです。バランスが取れないことで転びやすくなり、事故による大ケガのリスクも高まります。椎間板ヘルニアで神経の圧迫が続くことにより、筋力が低下してしまうためです。

症状が進行した場合、杖や車イスが必要になるケースもあります。中にはあまりの激痛に歩くことすらままならず、仕事を辞めた人もいるほどです。仕事ができないほどの症状だと、温熱療法や安静療法で痛みを抑えるのは難しいでしょう。

「歩けるけどふらついてしまう」、「階段の上り下りがきつくなった」という状態が続く場合も危険です。いざ診断を受けたら、手術をしなければいけないと告げられるかもしれません。そうなる前にも早めに診断してもらい、初期で椎間板ヘルニアを見つけることが大切です。

しかし、症状が出たのが最近だとしても油断できません。著しい筋力低下や排尿障害が発生すると、手術が必要となる可能性が高まるからです。

排尿困難

腰椎椎間板ヘルニアになるとあらわれる症状の1つに、排尿困難があります。尿漏れや頻尿、尿が全くでないなど排尿がうまくできなくなるのが主な症状です。

排尿困難は、脊椎の中にある神経が圧迫されることで起こります。この神経は馬の尻尾に形が似ていることから「馬尾神経」と呼ばている、排尿機能に関わる大事な神経です。馬尾神経が圧迫されることで、排尿機能が低下。残尿を感じる、尿を全部出せないといった症状が表れます。

以前よりもトイレに行く回数が増えた、力を入れないと尿が出てこない。もしくは、どうしても尿がでないので膀胱に痛みが生じている。

そういった症状が出た場合は、すぐ医師に相談してください。

特に、尿が出ないと感じるようならば尚更診察してもらわなければいけません。尿が出ない症状は尿閉と呼ばれ、膀胱を圧迫する原因となります。これを放置することで膀胱に強い圧がかかり続け、最悪の場合は破裂してしまうのです。膀胱の破裂は命にも関わる危険な状態で、実際に死者が出たケースもあります。どのような症状でも、我慢は禁物です。

尿閉の場合は、尿道カテーテルを使用する治療で膀胱にかかる圧を軽減。椎間板ヘルニアも発症しているようであれば、薬や手術で対応することになります。ただ、排尿困難が起こっているということは、症状が進行しているという証拠です。もし椎間板ヘルニアによる排尿困難があらわれた場合は、ヘルニアを手術しなければならない可能性が高いでしょう。

気になったら病院へ相談

どの症状が起きた場合でも、すぐに相談することを心がけましょう。自分はまだ若いから大丈夫、休めば治るだろう。そういった自己判断で放置してしまうと、動くことすらままならなくなるかもしれません。歩きづらさや尿が出づらいと感じるなら尚更です。

自分でおかしいと感じたら、痛みや違和感を我慢せずにすぐ病院へ行き医師に相談してください。特に、ヘルニア手術の実績や経験が豊富な専門医に診てもらうことをおすすめします。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる