MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 腰椎椎間板ヘルニアの症状 » 足のしびれ

足のしびれ

ここでは足がしびれるといった腰椎椎間板ヘルニアの症状とその原因について解説しています。

腰椎椎間板ヘルニアによるしびれとは

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状として足のしびれがあります。腰痛以外に腰から足にかけてしびれるという場合は一番先に疑われるのがヘルニアです。

しびれには血管が圧迫されて神経への血流が悪くなる血管性のものと神経そのものが圧迫される神経性のものがありますが、腰椎椎間板ヘルニアのしびれは神経性です。

椎骨と椎骨の間でクッションの役割を担う椎間板のる髄核が飛び出してしまうのが椎間板ヘルニアですが、この時に神経を圧迫すると腰が痛くなったり足のしびれを起こしてしまうのです。

こうした症状を坐骨神経痛と言いますが、最初は腰痛だけだったとしてもおしりや太ももの後ろ、すね、足元などにしびれを感じるようになり、場合によっては麻痺により歩行が困難になるケースもあります。

発症部位ごとで違うしびれ症状

ヘルニアによって圧迫される坐骨神経は人の体の中で最も太く長い末梢神経なので発症する部位によって下半身の様々な場所にしびれの症状が出ます。

腰椎は5つあって第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎と名前が付いていますが、第2腰椎と第3腰椎の間の椎間板でヘルニアが発症すると足の付根やそけい部に痛みやしびれが生じます。

これが第3腰椎と第4腰椎の間なら太ももの前の部分がしびれ、第4腰椎と第5腰椎の間ならおしりから太ももの横、膝の下やすねのあたりまで痛みやしびれが生じます。

また第5腰椎と仙骨の間にある椎間板のヘルニアの場合はおしりや太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏や小指までしびれることがあります。

単に足がしびれるといった症状だけでは医者もどこにヘルニアが生じているかはわかりません。MRIなどで検査をしないと詳しい原因は突き止められませんので、腰痛に続いて足のしびれが出た場合は早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる