MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 「腰」が原因で起こる様々な病気 » 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰痛の原因となる病気はたくさんありますが、なかでも「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」は、腰椎椎間板ヘルニアと併発しやすい病気のひとつとなっています。ではいったい、腰部脊柱管狭窄症とは、どういった病気なのでしょうか。詳しく説明していきます。

腰部脊柱管狭窄症とは?

長い年月の間、体を支え続けていた背骨や椎間板、靭帯などが体の重みで変形し、「脊柱管」が狭くなることにより、中を通る神経が圧迫されることで発症します。症状は椎間板ヘルニアと似ていますが、ヘルニアは椎間板が変形し、ゼリー状の髄核が外に飛び出して神経を圧迫することで発症するものです。20~40歳の男性が多く発症する椎間板ヘルニアと違い、脊柱管狭窄症は50代以降の高齢者に多くみられます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

特徴的な症状は、「間欠跛行」。歩くと痛みやしびれが起こるものの、少し休めば再び歩けるといった症状です。 他の症状は、圧迫される部位によって「神経根型」「馬尾型」「混合型」の3つのタイプに分かれます。

神経根型

強い痛みとしびれが生じます。神経根が圧迫された左右どちらか一方のお尻から足裏にかけての痛みが特徴です。その症状のあらわれ方から「片側性」 と呼ばれることもあります。

馬尾型

強い痛みはなく、両足のしびれや痛みが生じます。左右両側のお尻から足にかけて広範囲に現れるしびれやマヒが特徴です。体の両側に症状が出ることから、「両側性」 とも呼ばれています。

混合型

神経根型と馬尾型が合併したタイプ。腰から足にかけての痛みとしびれ、足底がジリジリするなどの異常感覚が現れます。重症化すると排尿・排便障害も起こります。

腰部脊柱管狭窄症の検査・診断方法

腰部脊柱管狭窄症かどうか診断するためには、病院やクリニックなどの医療機関での検査が必要です。主な検査は、問診、視診、触診で、それからレントゲンやMRIでの画像検査を行います。

簡単なセルフチェック方法もあるので、自分はどのタイプなのか、腰部脊柱管狭窄症なのかをチェックしてみましょう。指示に従って、A、B、Cそれぞれの点数を出し、その数によって判断します。

項目 点数
60歳以上 ○の場合:AとBに+1点
×の場合:カウントしない
特につらいのは腰の痛み ○の場合:Cに+2点
×の場合:Aに+1点
特につらいのは、お尻からふくらはぎにかけての「痛み」 ○の場合:AとBに+2点
×の場合:カウントしない
特につらいのは、お尻からふくらはぎにかけての「しびれ」 ○の場合:AとBに+2点
×の場合: Cに+1点
歩くと痛みが強くなり、前かがみで休むと楽になる症状がある ○の場合:AとBに+2点
×の場合:カウントしない
しびれや痛みがしばらく立っていると現れる ○の場合:AとBに+2点
×の場合:Cに+1点
左右両側に痛みがある(片側のみなら×) ○の場合:Bに+2点
×の場合:AとCに+1点
しびれが両足の裏にある ○の場合:Bに+2点
×の場合:AとCに+1点
違和感やしびれが股間やお尻〈肛門〉まわりにある ○の場合:Bに+2点
×の場合:Cに+1点
排尿、排便に支障がある ○の場合:Bに+2点
×の場合:Cに+1点

診断の基準

※あくまでも目安のチェックですので、詳しくは専門医に受診してご確認ください。

腰部脊柱管狭窄症が起こる原因と対策

腰部脊柱管狭窄症が起こる原因について

腰部脊柱管狭窄症の原因は、老化と姿勢の悪さによるものがほとんどです。背骨の中の神経の通り道である脊柱管は、加齢とともに狭くなっていく傾向にあります。前かがみ姿勢など、悪い姿勢を長年取りつづけることで脊柱管は狭くなり、中の神経が圧迫されることで発症してしまうのです。

腰部脊柱管狭窄症の対策は?

日頃から姿勢を正しく保つことが大切です。その為には、体幹を支えるインナーマッスルを鍛える必要があります。ストレッチやリハビリなどの運動療法は症状を予防・改善するための有力な治療法。腹筋や背筋だけでなく、インナーマッスル〈深層筋〉を鍛えられ、体幹バランスを強化することできます。運動療法を取り入れ、正しい姿勢を心がけましょう。

腰部脊柱管狭窄症の中には、腰椎椎間板ヘルニアと併発している場合もあり、ヘルニアを治すことで痛みが取れるケースもあります。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる