MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » 腰椎椎間板ヘルニアとは? » 「腰」が原因で起こる様々な病気 » 変形性脊椎

変形性脊椎

変形性脊椎症は、年齢を重ねるごとに発症率が高くなる症状です。変形性脊椎症は病気ではないのですが、進行すると腰や背中、下肢などが激痛に襲われ、日常生活に影響が出てしまいます。変形性脊椎症の特徴や対策法などを詳しく見ていきましょう。

変形性脊椎症とは?

変形性脊椎症は、椎骨の骨と骨の間にあるクッションの役割をしている脊椎板が加齢に伴って、すり減ってしまう症状のこと。それにより、弾力性が失われ、変形した骨の突起ができてしまいます。ひどい時は、背骨や腰が曲がってしまい、腰が痛んで長時間立ち続けることが困難になるのです。

変形性脊髄症と椎間板ヘルニアの症状は似ていると思われがちですが、椎間板ヘルニアがさらに進行した症状が、変形性脊髄症となります。

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症は、椎間板の変形によってできた骨の突起によって神経や脊髄が圧迫され、痛みを伴います。変形性頚椎症の場合は腕や肩に、変形性腰椎症の場合は腰や下肢に痛みや腫れが生じます。

場合によっては筋力の低下や感覚障害が発生し、文字を書いたり箸をもつなどの行為ができなくなってしまうなど日常生活に大きく影響してしまいます。

変形性脊椎症の検査・診断方法

検査方法は、X線を用いて椎体の骨の突起部分の状態や、椎骨と椎骨のクッションの役割を持つ椎間板の幅の厚さなどを調べます。もし、手足のしびれや動かしづらさを感じる「神経圧迫症状」にあてはまる場合は、MRI検査を行います。神経症状が出ている場合は、頚椎症性脊髄症や脊柱管狭窄症など他の病気の可能性が疑われます。

変形性脊椎症が起こる原因と対策

変形性脊椎症の原因

椎間板は足底からの衝撃を吸収し、頭にひびかせないような役割を果たしています。これまで歩行や段差の上り下りなど長年行ってきた動作により、一定の年齢から椎間板は変形されていきます。それにより、椎間板は椎体同士の衝撃を和らげる弾力性を失い、椎体が圧迫されます。それが背骨や腰が痛んでしまう原因を引き起こしてしまうのです。

人によって様々ですが、一般的には50歳あたりからほとんどの方にみられます。さらに骨の先に骨の突起部分が形成され、椎体の変形が強くなると変形性脊椎症になります。

変形性脊椎症の対策

変形性脊椎症は、残念ながらこれといった予防法はありません。ただし、椎体や椎間板を守ることや症状を悪化させないことは、日常生活の改善によって可能です。

(※)たばこや糖尿病は椎間板の変形を促してしまうため、直ちにやめる必要があります。 以上のことから、日頃から食生活に気を付け、適度な運動を取り入れるなど生活習慣を規則正しくすれば、変形性脊椎症を防ぐことができます。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる