ヘルニア治療&予防大学HOME » 腰椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

ツライ腰椎椎間板ヘルニアの治療法を調査。保存・手術の2種類について、腰痛の治療方法や期間、費用相場などを紹介しています。

腰椎椎間板ヘルニアで起こる腰痛の治療法

腰椎椎間板ヘルニアで起こる腰痛の治療法腰椎椎間板ヘルニアの治療方法には、保存的治療法と手術治療法の2種類があります。

はじめに保存的治療法を行いますが、3ヶ月ほど行っても痛みやしびれに改善が見られない場合や、日常生活に支障があるほどの症状がある場合に手術治療へと移るのが一般的です。

手術をすぐに受けなくても、手遅れになることは少ないので、経過を見ながら本人が手術を受けようと思ったときに行います。

しかし肛門の周囲にしびれがある場合、脊柱管を占める大きなヘルニアができていることもあります。この場合は早く手術を受ける方が良いでしょう。保存的治療法と手術治療法、それぞれの治療方法や治療期間、かかる費用相場などを紹介します。

保存的治療法

治療内容

  • 投薬治療
    鎮痛剤や筋弛緩剤など、痛みが強い期間に内服薬を用います。痛みが落ち着いてきたら湿布や軟膏などの外用薬で対処します。また、激痛の時は仙骨硬膜外ブロック、選択的神経ブロック、椎間板内ステロイド注射などの注射を行うこともあります。
  • 温熱療法
    赤外線や超短波、超音波、ホットパックなど、痛みのある部位を温めて痛みを和らげます。
  • 運動療法
    ウォーキングや筋力訓練、水中歩行やストレッチなど、腰に負担がかからない範囲での運動で筋力の強化を図ります。
  • コルセット
    痛みが強く立つことも辛いときにコルセットを装着します。痛みが我慢できるようになったら外すようにしないと筋力が低下するので注意が必要です。
  • 物理療法・マッサージ等
    リハビリテーションとして腰椎牽引療法などの物理療法、マッサージ、指圧などを行います。

治療期間

保存的治療の目安は大体3ヶ月ほどですが、その治療法や期間は人によってさまざまです。炎症を起こしている部位や、痛みの度合いによって医師が判断しながら、症状を和らげる治療を行っていきます。

それでも効果がない、痛みが良くならない場合は手術治療法へと進みます。

費用相場

例えば神経ブロックの場合、保険適用の3割負担で5,000円ほどかかることもありますが、鎮痛薬やリハビリテーションの場合は1回数百円から行うことができるので、手術に比べると費用の負担が少なくすみます。
温熱療法でも施術内容によりクリニックによっては1時間の施術で10,000円ほどかかってしまうこともあるので、費用を確認しておくことが大切です。

手術治療法とは

治療内容

  • 直接ヘルニアを除去する手術法
    ・ラブ法/代表的な治療方法です。5cm皮膚を切開して骨の隙間を利用しながらヘルニアを摘出
    ・内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)/内視鏡と器具を使い、モニターを見ながらヘルニアを除去
  • ヘルニアを引っ込める手術法
    ・レーザー治療(PLDD法)/レーザー光線で髄核を焼いて縮める
    ・経皮的髄核摘出術(PN法)/椎間板に管を差しこみ、管の中から特殊な器具を使って髄核を摘出

治療期間

局所麻酔であるレーザー椎間板減圧術や経皮的髄核摘出術(PN法)の場合は、傷が小さく出血量も少ないことから、日帰りや2日程度の入院日数となります。

一方、ラブ法や顕微鏡下ヘルニア摘出術(MD法)、内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)の場合は全身麻酔であるため入院日数も増えます。内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)の場合は1~5日程度、その他は5~14日程度の入院日数が必要です。

費用相場

経皮的髄核摘出術(PN法)、内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)の場合は、10~20万円ほどの費用。ラブ法の場合は15~30万円ほどが費用相場となっています。

また、レーザー椎間板減圧術の場合は保険適用がないため費用はクリニック次第。30万円以上はかかるだろうと思っていた方が良いようです。

具体的な手術の内容について

腰椎椎間板ヘルニアの手術方法について具体的に説明します。

椎間板切除術(ラブ法)、および類似の手術法

もっとも一般的に行われている手術法で、背中から切開して、ヘルニア部分を切除する方法です。

切開幅は約5センチ。神経や靭帯などを避けるようにしてヘルニア部分へ到達し、切除します。出血はほとんどなく、体への負担も大きくありません。

全身麻酔下で行なわれ、手術時間は30分~1時間程度と比較的短めです。

早ければ手術の翌日から歩行も可能となり、リハビリをしながら1~2週間程度の入院をします。
手術後、約90%の人は完治すると言われます。

ところで、このラブ法と呼ばれる手術は、医師の肉眼を頼りに行われることになりますが、一方で、手術方法はほぼ同じでも、内視鏡や顕微鏡などを使ってより傷口を小さくするなど、患者の負担を極力小さくする手術も行われています。

内視鏡を使う方法をMEDと言い、顕微鏡を使う方法をMDと言います。

MED

背中を1~2センチほど切開。そこから細長い管を差し込み、内視鏡や器具を使ってヘルニア部分を切除する方法です。

手術時間は1~2時間程度と、ラブ法よりも長めです。

医師はモニターを確認しながら手術を行います。

MD

ラブ法とほとんど同じですが、切開した部分に、顕微鏡のように視野を拡大できる装置を取り付けて手術を行うのが特徴。

組織の細部まで拡大されて目視できるため、神経や血管の存在も分かりやすく、ヘルニア部分の切除も的確に行われます。

切開幅は、ラブ法とMEDの中間くらいです。

MEDのような最新の高度な技術は要らず、それまでのラブ法の技術があれば可能なため、比較的多くの医師が、MDを採用しています。

経皮的髄核摘出術(PN)/経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)

椎間板の中にある髄核を取り除くことで、神経への圧迫を軽くする手術です。

方法の違いにより、経皮的髄核摘出術(PN)と経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)の2種類があります。

PN(経皮的髄核摘出術)

背中の患部付近に細い管を差し込んで、ヘルニア部分から髄核を吸い取る方法です。保険が適用される手術となります。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)

背中の患部付近にレーザーファイバーを差し込んで、ヘルニア部分の髄核を焼いてしまう方法です。保険は適用されません。

PN、PLDD、ともに手術法は似ています。髄核を吸い取るか、焼くかの違いです。

手術時間は30分~1時間程度。症状が軽ければ、当日中に徒歩で帰宅も可能です。また、入院は必要だったとしても、長くとも1週間までです。

重労働でもない限り、すぐに職場復帰ができます。

なお、これら2つの方法は、比較的軽度なヘルニアに用いられる方法です。重症化したヘルニアには適応できません。

さらに、患者の年齢も条件に加わることがあります。

若い人は問題なく大丈夫ですが、年配者の場合は原則としてPN、PLDDは採用されません。加齢によって髄核の弾力性が弱くなっているからです。

脊椎固定術~後方固定術~

腰椎に金属製の器具(インプラント)を取り付けて、安定させることで痛みを取り除く手術です。
患者本人の骨の移植手術を伴うこともあります。器具は、軽くて丈夫なチタン製が用いられることが多いです。

背中を切開して、患部付近の椎骨と椎骨を固定します。

また、患部の痛みをより軽減させるために、ヘルニア部分を切除するなどの除圧手術も並行して行われることがあります。

骨が固定されるまでに時間がかかるため、手術後1ヶ月は安静が必要です。その後、短くて3ヶ月間、長ければ半年間ほどコルセットを装着します。

手術がうまくいき、なおかつ金属との合併症などもなければ、痛みはほぼ解消される効果的な手術です。

脊椎固定術~前方固定術~

患者自身の骨を移植したり人工骨を利用したりして、患部の固定を図ることで痛みを取り除く手術法です。

つまり、すでに説明済みの後方固定術と同じことなのですが、切開するのが背中ではなく、お腹という点が異なります。

お腹または、横腹から切開し、腸などの臓器を傷つけないようにしながら患部へアプローチするのが前方固定術です。

後方固定術は、手術によって腰の筋肉を切らなければなりません。そのため、筋肉が復活するまでは、腰への負担がかかりやすくなります。

一方で前方固定術の場合は、腰の筋肉に傷がつかないため、痛みの改善効果は極めて高いと言われます。

なお、手術対象となるのは、比較的若い年代の患者です。また、後方固定術に比べれば、一般的に行われているわけではありません。

手術前に理解しておきたいリスク

かつてとは異なり、腰椎椎間板ヘルニアの手術で失敗して不随になる、といったことはあまり起こらなくなりました。

ただし、確率が低いとはいえ、手術に伴うリスクは承知しておきましょう。代表的な4つのリスクを説明します。

神経の損傷のリスク

脊髄、または脊髄から枝分かれしている神経に傷がつくと、そこから下の部分に筋力低下、感覚障害、完全麻痺などが発生します。

確率が低いリスクとはいえ、現在でも、腰椎椎間板ヘルニアの手術のうち、約0.5%~1%の確率で神経の損傷が発生していると言われます。

感染症のリスク

すべての手術に伴うリスクですが、手術中に傷口から細菌が入るなどして、感染症を合併する場合があります。

感染症にかかると、発熱、痛み、膿などが見られます。

手術室とはいえ、無菌状態にするのは不可能である以上、常に感染症のリスクがあることは承知しておきましょう。

通常、手術の前後に感染症予防のための抗生剤を投与します。

それでも、たとえば椎間板ヘルニアの手術の場合、患者の約1~5%に感染症が見られると言われます。

硬膜損傷のリスク

神経を包んでいる「硬膜」という膜が傷つくことがあります。
硬膜が傷つくと、中の液体が流出してしまうため、すぐに縫合を行なわなければなりません。

比較的多く見られる合併症ですが、適切な処置をしていれば大きな問題にはなりません。

固定器具の不具合によるリスク

後方固定術や前方固定術で器具や人工骨などを装着した場合、まれに、固定していたネジが外れたり、骨がうまく癒着しないなどといった不具合が生じることがあります。

重度の場合は、再手術が必要になることもあります。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop