ヘルニア治療&予防大学HOME » 腰椎椎間板ヘルニアの症状・原因・治療法 » 腰椎の構造

腰椎の構造

このページでは、ヘルニアの痛みに悩む人が知っておくべき、腰椎の構造を紹介しています。

腰椎の構造とは

腰椎椎間板ヘルニアの治療を始めた人にとって、腰の痛みは大きな関心事。病院で医師から、腰の状態について説明があることも多いはずなので、腰椎について勉強しておくことも大切です。

そもそも腰椎って?

背骨腰椎と聞くと、腰の部分に特化した骨のような印象を受けますが、実は首からお尻までつながっている背骨(脊椎)の一部です。

背骨は33~34個の椎骨と椎間板から成り、順番につながっています。

【背骨(脊髄)の順番】

頚椎→胸椎→腰椎→仙椎→尾椎

腰椎は腰位置にある椎骨(5個分)と椎間板の集合部分ということになります。

腰痛の原因となるのは

腰の痛みは、この腰椎部分に問題が発生することで、引き起こされます。特に5個ある椎骨のうち第4~5腰椎に異常が起きるケースが多いようです。

悩む男性というのもこの部分は、腹筋や骨盤とともに、重い上半身を支えています。日常的に負荷がかかりやすくなっているのです。

またスムーズな動きを優先的に生み出すため、骨格組織が少ない構造となっている部分でもあります。酷使に耐え切れない脆さを抱えているのです。

椎間板とは

椎間板は腰椎に限らず、すべての椎骨と椎骨のあいだに存在し、靭帯とともに骨をつなげ、スムーズな動きを実現する役割を果たしています。

弾性があり、一種のクッションのような働きをしているのです。この椎間板に異状が生じ、内部の繊維が断裂したり、飛び出たりすると周りの神経を圧迫し、痛みを生じさせるようになります。

腰椎椎間板ヘルニアを引き起こす異状

腰椎椎間板ヘルニアは、上記2つの異状によって引き起こされます。すなわち、腰椎に過剰な負荷がかかり、椎骨や椎間板が損傷してしまうのです。

腰椎椎間板ヘルニアと診断されたら、医師の指導に従いながら、腰椎を気遣うライフスタイルを考えていくことになるでしょう。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop