MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニアで最も大切なリハビリの話

ヘルニアで最も大切なリハビリの話

ここでは椎間板ヘルニアではどのようなリハビリを行うのか。上半身を起こすところから軽い運動をするまでの流れを紹介しています。

リハビリを学んでヘルニアと上手に付き合おう

椎間板ヘルニアを発症した場合どのような治療を行っていくのか、リハビリの流れとその概要を紹介します。もちろん、リハビリの実施には医師の判断が必要になりますので、自分で無理をせずにきちんと相談しながら進めましょう。

(1)まずは痛みがおさまるまで安静にする

ヘルニアを発症するとまず激しい痛みのある急性期がありますが、この時期はとにかく安静にすることが大切です。その後痛みがおさまったあとに衰えた筋肉を少しずつ鍛えていくためのリハビリが開始されます。

(2)上半身を起こす

少しずつ動けるようになったら上半身を起こします。そして腹式呼吸を取り入れながら、身体をゆっくりとねじる動作を加えます。

(3)立ち上がる

上半身を起こせるようになったら、台に手をおいて手に力を入れながらゆっくりと立ち上がります。腰が強いならバンドやさらしでサポートするのも良いでしょう。立ち上がっても前屈や後屈はしないようにします。

(4)歩く

ゆっくりと足もとを確認しながら室内を歩きます。辛いようなら無理をせず休憩をはさんだり、腰痛ベルトなどでサポートをします。

(5)軽い運動をして筋肉をつける

ウォーキングや体操など軽い運動で腹筋や背筋を鍛えます。無理をせずに行なって痛みを感じたら中断をします。

(1)から(5)のように順を追って、少しずつ身体を動かしていきましょう。途中で痛みを感じたり辛さを感じるようであれば、中断をして休むこと。ゆっくりとでも続けていけばヘルニアの症状を緩和、または再発を防止するのに役立ちます。

このサイトでは、ヘルニアの改善や再発防止に役立つストレッチ、筋トレについても解説しているので、参考にしてみてください。

ヘルニアの改善に役立つストレッチ・筋トレについて

椎間板ヘルニアにおすすめのストレッチ

座ったままでできたり、寝る前にできる簡単なストレッチについて解説しています。ヘルニアの方も、ヘルニアが気になる方も、日常生活にぜひ取り入れてみてください。

ヘルニア改善に役立つストレッチ方法

椎間板ヘルニアにおすすめの筋トレ

悪い姿勢は椎間板ヘルニアを悪化させる要因となりますが、姿勢を良くするためには筋力が必要になります。筋トレは、筋肉を強化することで症状の改善効果が期待できます。

ヘルニア改善に役立つ筋トレ方法

リハビリはヘルニアの症状を積極的に改善する行動ですが、ベッドから起き上がる時や洗顔時に前かがみになるなど腰の負担になる日常生活の行動にも注意しましょう。

リハビリや普段から腰に負担をかけない意識を持つなどしても改善する兆候が現れない場合は、レーザー治療や手術などの新しい治療方法を検討してもよいかもしれません。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる