ヘルニア治療&予防大学HOME » ヘルニアで最も大切なリハビリの話

ヘルニアで最も大切なリハビリの話

椎間板ヘルニアではどのようなリハビリを行うのか。上半身を起こすところから軽い運動をするまでの流れを紹介しています。

リハビリを学んでヘルニアと上手に付き合おう

リハビリを学んでヘルニアと上手に付き合おう

椎間板ヘルニアの場合、発症した場合どのような治療を行っていくのか、リハビリの流れとその概要を紹介します。もちろん、リハビリの実施には医師の判断が必要になりますので、自分で無理をせずにきちんと相談しながら進めましょう。

(1)まずは痛みがおさまるまで安静にする

ヘルニアを発症するとまず激しい痛みのある急性期がありますが、この時期はとにかく安静にすることが大切です。その後痛みがおさまったあとに衰えた筋肉を少しずつ鍛えていくためのリハビリが開始されます。

(2)上半身を起こす

少しずつ動けるようになったら上半身を起こします。そして腹式呼吸を取り入れながら、身体をゆっくりとねじる動作を加えます。

(3)立ち上がる

上半身を起こせるようになったら、台に手をおいて手に力を入れながらゆっくりと立ち上がります。腰が強いならバンドやさらしでサポートするのも良いでしょう。立ち上がっても前屈や後屈はしないようにします。

(4)歩く

ゆっくりと足もとを確認しながら室内を歩きます。辛いようなら無理をせず休憩をはさんだり、腰痛ベルトなどでサポートをします。

(5)軽い運動をして筋肉をつける

ウォーキングや体操など軽い運動で腹筋や背筋を鍛えます。無理をせずに行なって痛みを感じたら中断をします。

(1)から(5)のように順を追って、少しずつ身体を動かしていきましょう。途中で痛みを感じたり辛さを感じるようであれば、中断をして休むこと。ゆっくりとでも続けていけばヘルニアの症状を緩和、または再発を防止するのに役立ちます。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop