MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニアで最も大切なリハビリの話 » 頸椎椎間板ヘルニア予防のためのストレッチ

頸椎椎間板ヘルニア予防のためのストレッチ

登録日:

登録日:

頸椎椎間板ヘルニアは、首への負担が日常的にかかっていると起こる可能性があります。日頃から首の負担を減らしたいのであれば、道具もいらず短時間で行なえるストレッチがおすすめです。

ここでは頸椎椎間板ヘルニアの予防に役立つストレッチを、いくつか紹介します。日常的に取り入れられるストレッチで、頸椎椎間板ヘルニアの対策をしてみましょう。

椎間板ヘルニア予防ストレッチのポイント

力を入れて行うのではなく、首や肩周りを運動させて血液の流れを良くするのを意識してください。デスクワークやパソコン作業で首回りをあまり動かさないと、血流が悪くなります。疲労物質が流れずに溜まればコリや痛みが生まれて、頸椎看板ヘルニアに繋がる可能性があると注意が必要です。ストレッチもそうですが、座る姿勢にも気を使うことで十二分な効果が得られます。

立って行うストレッチ

腰椎椎間板ヘルニアの痛み改善に役立つストレッチの一例を、紹介します。ぜひ実践してください

  1. 肩幅の広さで足を開き、手を後ろに回して片方の手の親指を握ります。視線はまっすぐ前を見ます
  2. あごを引いて肘を伸ばしたまま、胸を反らして斜め後ろに引き下げて10秒間キープします。この運動で首の筋肉が伸びます

デスクワークやオフィスワークの時でも手軽に行なえるストレッチです。ただし、2番で肩が痛む場合は無理をせずにすぐ降ろしてください。痛みがあるまま続けると、悪化してしまう危険性があります。

座って行うストレッチ

  1. 肩と腕の力を抜き、足を揃えて椅子に座る
  2. 肩が上がらないように注意しながら、首を右斜めに倒し、左肩から首にかけての筋肉を伸ばす
  3. 右手を左耳の後ろに当て、10秒間キープする
  4. 反対側も同様に行う

座って行うストレッチ2

  1. リラックスして椅子に座ります
  2. 首を斜め右側に倒します
  3. 右手で左耳の後ろを押します
  4. 10秒間キープします
  5. 右が終わったら、次は左を行ないます

ストレッチは丁寧に行うと、より身体をほぐせます。時間がある場合は、適度な準備体操または入浴で身体を温めてから取り組みましょう。

身体を温めて柔らかくなると、ストレッチでの可動域も広がります。これを毎日繰り返すことで、頸椎椎間板ヘルニアの予防につながっていくと覚えておいてください。

ストレッチはあまり体に負担をかけずにできるヘルニア予防の方法ですが、もちろんやり過ぎ・急ぎ過ぎは禁物です。

ストレッチはあくまで椎椎間板ヘルニアにならない予防策。頸椎椎間板ヘルニアの痛みはストレッチではなく、手術での改善がおすすめです。

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる