ヘルニア治療&予防大学HOME » ヘルニアで最も大切なリハビリの話 » 椎間板ヘルニアにおすすめのストレッチ

椎間板ヘルニアにおすすめのストレッチ

このページでは、椎間板ヘルニアのリハビリに有効なストレッチを紹介しています。

椎間板ヘルニアのリハビリに有効なストレッチ

リハビリイメージつらい痛みや痺れを引き起こす、椎間板ヘルニア。ストレッチはその改善にとても有効です。患部や全身の血流が良くなることで、症状も改良されるからです。

痛みを怖れるあまり、患部をかばうような姿勢を取り続けていると、却って症状が悪化してしまうことが多いので、ぜひリハビリの一環として、ストレッチを習慣化してくださいね。

腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアの痛み改善に役立つストレッチの一例を、紹介します。ぜひ実践してください。

【立って行うストレッチ】

  1. 1.厚めの本を置き、足のつま先を乗せゆっくりと前屈する、
  2. 2.膝を曲げず、前屈の姿勢を3秒ほどキープ。
  3. 3.上記を数回繰り返す。

【座って行うストレッチ】

  1. 1.あぐらのような体勢で両脚の踵を合わせるようにして座り、両膝を外側に開きます。
  2. 2.前屈するように上体を前に倒し、5秒ほどキープします。

【寝て行うストレッチ】

  1. 1.仰向けに寝て両足を曲げる。
  2. 2.曲げた両足を両手で持ち、胸に向かって引き寄せる。
  3. 3.上記の姿勢を10~15秒キープ。
  4. 4.両足をリリースし、バンザイの姿勢で身体を伸ばす。

いずれの場合も、いきなりストレッチを行うのではなく、適度な準備体操または入浴で身体を温め、ほぐしてから取り組みましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの場合

頚椎椎間板ヘルニアの痛み改善に役立つストレッチの一部を、紹介します。ぜひ実践してださい。

【立って行うストレッチ】

  1. 1.肩幅の広さで足を開き、手を後ろに回して片方の手の親指を握る。
  2. 2.あごを引いて肘を伸ばし、10秒間。この運動で首の筋肉が伸びる。

【座って行うストレッチ】

  1. 1.肩と腕の力を抜き、足を揃えて椅子に座る。
  2. 2.肩が上がらないように注意しながら、首を右斜めに倒し、左肩から首にかけての筋肉を伸ばす。
  3. 3.右手を左耳の後ろに当て、10秒間キープする。
  4. 4.反対側も同様に行う。

いずれの場合も、いきなりストレッチを行うのではなく、適度な準備体操または入浴で身体を温め、ほぐしてから取り組みましょう。

いかがでしょうか?ストレッチは有効なリハビリのひとつですが、もちろんやり過ぎや急ぎ過ぎは再発を招きやすいので、要注意。医師の指導も参考にする、痛みを感じたら中止する、などを心がけ、焦らず自分のペースで取り組んでいきましょう。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop