ヘルニア治療&予防大学HOME » ヘルニアで最も大切なリハビリの話 » 椎間板ヘルニアにおすすめの筋トレ

椎間板ヘルニアにおすすめの筋トレ

このページでは、椎間板ヘルニアのリハビリに有効な筋トレを紹介しています。

椎間板ヘルニアのリハビリに有効な筋トレ

運動イメージつらい痛みや痺れを引き起こす、椎間板ヘルニア。筋トレはその改善に役立ちます。患部を支える筋肉が培われることで、症状も改良されるからです。

とは言え、無理は禁物。却って症状を悪化させることがないよう、ある程度症状が安定したところでスタートするようにしてください。

腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアの痛み改善に役立つ筋トレの主眼は、目に見える筋肉より、インナーマッスルを鍛えることにあります。一例を紹介しますので、ぜひ実践してください。

【座って行う筋トレ】

  1. 1.椅子に座って両手を上げ、手の平を合わせる。
  2. 2.息を吐きながら、背中にくっつけるようなイメージで腹筋全体をへこませ、20秒程度。
  3. 3.上記を2~3セット

【寝て行う筋トレ】

  1. 1.仰向けに寝て両手をお腹の上に置く。
  2. 2.息を吐きながら、背中にくっつけるようなイメージで腹筋全体をへこませ、20秒程度。
  3. 3.上記を2~3セット。

いずれの場合も、いきなり行うのではなく、適度な準備体操または入浴で身体を温め、ほぐしてから取り組みましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの場合

頚椎椎間板ヘルニアの痛み改善に役立つ筋トレの一部を、紹介します。ぜひ実践してださい。

【前後の動き】

  1. 1.両手を組み額に当てる。
  2. 2.頭を前に倒すよう力を入れ、それを両手で押し戻すイメージで5秒間。
  3. 3.両手を組み後頭部に当てる。
  4. 4.頭を前に倒すよう力を入れ、それを両手で押し戻すイメージで5秒間。

【左右の動き】

  1. 1.頭の横に手の平を当てる
  2. 2.手の平は頭を、頭は手の平を押すように力を入れるイメージで、5秒間。
  3. 3.左右交互に数回繰り返す。

いずれの場合も、いきなり行うのではなく、適度な準備体操または入浴で身体を温め、ほぐしてから取り組みましょう。

いかがでしょうか?筋トレは有効なリハビリのひとつですが、再発を招く危険もあるので、まず医師の許可を受けるようにしてください。またトレーニング中は、患部の左右にまんべんなく筋力がつくような運動を心がけて。どちらかに偏ると、その方向に腰椎や頚椎が引っ張られやすくなります。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop