MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » 生活改善

生活改善

登録日:

登録日:

生活改善とヘルニアについて

ヘルニアの予防を考える上で、生活改善は心がけておきたい対策のひとつです。生活改善は無理なく取り入れられますし、すぐに取り入れられるのが魅力といえます。

ヘルニアになる原因はさまざまですが、生活でもっとも注意したいのは「悪い姿勢による首への負担」と考えられます。ここで挙げる生活改善とは、正しい姿勢を心掛ける・首への負担を少なくする・適度に運動をするといったものです。特に道具も必要なく、普段の生活で簡単に行なえます。

普段の生活で注意すべきことを理解し、ヘルニアの予防をすることが生活改善のポイント。ちょっとした行動を意識して変えるだけでも、効果が期待できます。いくつか具体的な方法を確認してみましょう。

日常で注意できる点を見直し、ヘルニア予防の生活改善をしていきましょう。

生活改善をするメリットについて

手間や時間のかかる治療やトレーニングと違い、簡単に生活の中に取り入れられるのがメリットのひとつです。姿勢を意識するだけといったような小さい行動の積み重ねで、首や腰への負担が軽減されるのは魅力といえます。また、普段から頸椎に負担をかけない姿勢を心掛けることで、頸椎への負担が原因となる症状にも効果的です。

例えば、頚椎・脊柱靭帯骨化症などの他の症状の予防にもなります。ヘルニア以外の不調もケアできるのは、生活改善の重要なメリットです。

生活改善をするデメリットについて

生活改善にデメリットはありませんが、ヘルニアの症状が進んでしまっている場合は症状の改善が期待できなくなります。ヘルニアの症状が重度の場合は、生活改善ではなく薬物療法・手術などの治療を検討しましょう。

生活習慣にあえてデメリット挙げるなら日ごろの積み重ねが必要になる部分です。強く意識しなければ生活習慣の改善は続かず、ヘルニア予防も難しいでしょう。

生活改善の方法

生活改善をするためには、普段の生活や習慣を見直すことが必要です。生活改善するにあたっての具体的な方法は、どのようなものがあるでしょうか?

生活改善にとって大切なポイントは、下記の3つが考えられます。

普段の生活で気をつけること

PCやスマホの使用は姿勢に悪影響を与えるので、注意が必要です。好きな体勢で使えるスマホと違い、PCは同じ姿勢でいることが多くなってしまいます。

集中すると姿勢が前屈みになり、背中が丸くなる猫背になりがちです。猫背の状態で長時間の作業をしていると頸椎へ負担がかかり、ヘルニアになるリスクがあります。

猫背になりづらくするため、画面との距離は50センチ以上離し、30分~1時間に一度休憩することがすすめられています。

ストレッチなどの軽い運動を取り入れてみたり、目を閉じてリラックスしたりする習慣を身につけましょう。

椅子に座る場合は足を組まず、深めに座って背を伸ばし、床に足の裏をぴったりつけるような姿勢が良いとされています。

ひじと上腕が90度程度になるように、腕の置き位置を考えておくのもポイントです。

寝る姿勢との関係

ヘルニアの予防は、寝る姿勢からも対策できます。枕の角度は肩を乗せて15度、顔の角度は5度程度に傾けることです。

このポイントを満たした上で姿勢を保つと首に負担をかけず、リラックスした睡眠がとれます。

横を向いて寝る場合は、首がまっすぐになるように寝れば負担はかかりにくくなります。

寝返りをすると痛みで起きてしまう方は、整形外科にいって診察をしてもらうと良いでしょう。

飲食するときの注意点

ヘルニアの予防には、飲食するときの姿勢やメニューについても意識したい考え方があります。

食事はタンパク質とその吸収を助けるビタミンB2の同時摂取ができるメニューが大事です。

豚の生姜焼き・肉野菜炒め・豚肉と白菜をいれた鍋などは、タンパク質とビタミンB2を摂取しやすいです。

鶏卵やうずらの卵などにもたんぱく質が多く含まれているので、メニューに取り入れてみると良いでしょう。

飲み物を飲むときは、首の傾きに注意するとヘルニア予防につながります。

飲み物は飲み口が広ければ広いほど、首への負担が少なくなると言われています。

缶ジュースやペットボトルは首を傾ける角度が大きくなりやすいので、意図せずに首への負担が大きくなりがちです。

細かい対策ですが、飲み口が大きいコップへ注いで飲むのが予防のひとつと覚えておいてください。

生活改善でヘルニアが改善された人の口コミ

基本DATA

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生
(形成外科・整形外科医)

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

監修者情報を見る>

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる