MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » マッサージ

マッサージ

ヘルニア治療法としてのマッサージについて、ドクター(監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生)が解説!また、マッサージの仕組み、効果、メリット・デメリットのほか、注意点や体験談、基本情報(費用、施術時間、施術をうけられる場所、入院の有無など)をまとめて紹介しています。

ドクターのピンポイント解説!ヘルニア治療法としてのマッサージとは

ドクター伊東の画像

マッサージは、炎症が原因の腰痛であれば効果的と言えます。また、ヘルニアの影響で周りの筋肉からも痛みが出ている場合、マッサージで一時的に良くなることもあります。ほかのヘルニア治療法と同じく、マッサージに行く場合も、費用対効果を考えて通うと良いでしょう。もしマッサージに行くなら、「筋肉のほぐし」として利用すればいいと思います。マッサージが気持ちいいと感じるのであれば、ぜひ活用を検討してみてください。

監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生のプロフィール

日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門「伊東くりにっく」院長として、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。著書に「Dr.イトーのせつない腰痛すっきり解消(しののめ出版 2008)」「しつこい肩こり・首痛、らくらく解消法(KKベストセラーズ 2011)」「腰痛は医者の言葉を信じるな!(ワニブックス 2013)」など。

マッサージは血流やリンパ循環を改善するのが基本

腰痛や肩こりなどを改善するためにマッサージを利用するという方は多いのではないでしょうか。

そもそもマッサージとは手指を使って圧迫しすることで血流やリンパ循環を改善することで筋肉やコリをほぐして身体を楽にするものです。医療の現場でもリハビリなどの一部にマッサージが導入されているので効果を期待するのも当然です。

しかし椎間板ヘルニアの治療という観点からマッサージを考えてみると、それだけで完治することは期待できません。マッサージは筋肉の緊張や循環障害から来る痛みは改善できても骨や神経に関わる痛みにはほとんど効果を発揮しないのです。

マッサージの基本はリンパの流れに沿って、体の中心に向かって擦ったり揉んだりすることでリンパの流れをよくすることにあります。したがって骨折などで筋肉が動かせなくなった場合などに向いています。

一時的にヘルニアの痛みが取れたとしてもそれは血行が良くなって楽になっただけで、あくまでも対症療法。マッサージによって根本治療はできないものと考えておいた方が良いでしょう。

街中によくあるマッサージ店の利用は慎重に

椎間板ヘルニアであまり動かなくなると、身体全体の筋肉なども衰えるので手軽なマッサージを受けて楽になりたいということもあるかもしれません。

そこで注意したいのは“マッサージ”と名のつく店舗が多いことです。マッサージやリラクゼーションサロンは全国15万件以上あるとも言われ、街中にあるマッサージ店の中から選ぶのも大変でしょう。

実は本格的にプロとしてマッサージを行う人は「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格があり免許が必要なのですが、街中によくあるクイックマッサージやリラクゼーションサロンは会社の研修を受けただけの素人が行っていることが多いのです。

仕事に疲れたので肩こりをほぐしてリラックスしたいという場合に利用するのは良いですが、治療を目的に利用すると骨や神経を刺激して悪化してしまう可能性もあるので慎重に考えた方がよいでしょう。

どうしてもという場合には資格保持者が運営している、治療の実績が明確など事前に調べて信頼できるところを選ぶようにしてください。

マッサージのメリット・デメリット

マッサージのメリット

マッサージは、手軽に短時間で受けられるのが大きなメリット。ヘルニアの治療では、飛び出した椎間板を直接摘出する手術を行なうことがありますが、その場合、体を切開するため負担が大きく、場合によっては長期入院が必要となることがあります。「時間はとれないけど痛みをどうにかしたい」という時にはマッサージも選択肢のひとつとなります。

薬での治療と比較すると、副作用の心配がないのもポイントです。鎮痛剤は、飲み続けると胃腸や肝臓に負担をかけてしまいます。炎症や病気を引き起こす可能性もあるでしょう。その点マッサージは、患部周辺の血流にアプローチする方法なので、副作用のリスクはほぼありません。

マッサージのデメリット

肩周りや腕の筋肉をほぐして改善するようなマッサージならよいのですが、首や腰など患部そのものを動かすようなものは、余計に症状を悪化させてしまう可能性があります。無理に動かすことで炎症が起き、痛みを加速してしまうのです。施術を受ける際は十分に注意しましょう。

マッサージは、ヘルニアの痛みの原因に直接アプローチするものではなく、患部周辺をほぐし、血流を良くすることで痛みの程度を弱めるものです。マッサージ後、しばらくは痛みから解放されますが、根本が解消されていないので、またすぐに痛みが戻ってしまうことも、少なくありません。

マッサージに関する体験談

横になれない状態から走り回れるように!(40代/女性)

椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射や痛み止めを試したのですが、全く効かず…。横になれず、座って寝る状態が1週間続いていました。病院では手術をすすめられましたが、最後の望みとマッサージを受けることに。10回ほど施術を受けたところ、走れるまでに回復しました。感激です。

マッサージで首の痺れが緩和されました(40代/性別不明)

少し前から首のヘルニアになってしまい、指先に痺れが出るようになりました。だんだん仕事にも支障をきたすようになったので、マッサージを試してみることに。集中的に通った結果、痺れが改善し快適に過ごせています。

マッサージより整体のほうが効きました(年齢不詳/女性)

数年前からヘルニアによる腰痛に悩まされていて、マッサージではなかなか効果が出ない状態でした。しかし、家の近くにあった整体院で体の歪みを矯正してもらったところ、痛みが少しずつ改善!悩みから解放されて喜んでいます。

以前よりも痛みが楽になった(10代/性別不明)

ヘルニアはこれといった治療法が見つかっていない病気。なんとか痛みを緩和させるために、整体でのマッサージを受け、以前よりもだいぶ楽になりました。家族みんなで通うほどマッサージにお世話になっています。

マッサージでヘルニアが悪化してしまいました(年齢性別不詳)

ヘルニアと診断され、しばらく安静にしていたのですが、良くなったり痛くなったり安定せず…。マッサージや整体にも行きましたが悪化してしまい、MRIを受けると最初よりもヘルニアがひどくなっていました。先生のアドバイスもあり、手術での改善を考えています。

基本DATA

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる