MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » 投薬による治療

投薬による治療

登録日:|更新日:

登録日:|更新日:

ヘルニアの投薬治療について、ドクター(監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生)が解説!また、ヘルニアの投薬治療の仕組み、効果、メリット・デメリットのほか、注意点や体験談、基本情報(費用、施術時間、施術をうけられる場所、入院の有無など)をまとめて紹介しています。

ドクターのピンポイント解説!ヘルニアの投薬治療とは

ドクター伊東の画像

そもそも人が傷みを感じるのは、体内で痛みを誘発する物質が作られるから。ヘルニアの投薬治療は、薬を使用することで、この物質をブロックすることです。方法としては、「飲み薬」と「注射での注入」の2つ。飲み薬の場合は「非ステロイド抗炎症薬」、直接注射の場合は「ステロイド剤」や「局所麻酔剤」を使用します。投薬治療によって、比較的長期間、傷みがとれることもありますが、原因を根本から除去してくれるというわけではないことを覚えておいてください。

監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生のプロフィール

日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門「伊東くりにっく」院長として、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。著書に「Dr.イトーのせつない腰痛すっきり解消(しののめ出版 2008)」「しつこい肩こり・首痛、らくらく解消法(KKベストセラーズ 2011)」「腰痛は医者の言葉を信じるな!(ワニブックス 2013)」など。

通院の必要がなく自宅で続けられる飲み薬の効果

椎間板ヘルニアの痛みを取り除くために行われるのが投薬による治療です。ヘルニアの原因そのものを絶つ根本的な治療にはなりませんが、辛い痛みを緩和させるという意味では効果があります。

投薬治療には、飲み薬によるものと、注射によって痛みをブロックする方法(ブロック注射)の2種類があります。まずは飲み薬の方から説明していきましょう。

飲み薬の場合は、非ステロイド系の抗炎症薬がよく処方されます。これは、椎間板ヘルニアが神経を圧迫することによる炎症を軽減させることを目的とするものです。いわゆる鎮痛薬と呼ばれるもの以外では、圧迫された神経を修復させる神経再生薬が処方されることがあります。

また、痛みで筋肉が固くなり、さらに痛みを増幅させることがあるため、筋肉弛緩剤が一緒に処方されます。痛みを誘発する部分を、薬により完全にシャットアウトしてしまおうという考え方です。

こうした痛みを抑える薬は、胃の粘膜を保護する物質も抑えてしまうので、長期間服用することで胃を荒らしてしまうことがあります。したがって、痛みを止める薬と同時に、胃薬が処方されることが多くなります。

痛みを抑える薬は種類がたくさんあり、効果に個人差があったり、副作用が出ることがあるため、個々に処方する薬を変更する場合があります。一般的な内服薬だけでなく、症状によっては坐薬の方が高い治療効果が得られるケースもあります。

飲み薬による治療は、通院しなくても自宅で続けられる点がメリットですが、1~2週間経っても全く薬の効果が感じられず、痛みが解消されないようであれば医師と相談してください。

効果がないのに続けても無意味ですし、自己の判断で勝手に量を増やしたりすると、副作用のリスクが高くなるので使用を止めてください。

リリカカプセルと椎間板ヘルニアについて

 

リリカカプセルはヘルニアの治療時に処方される薬のひとつですが、どういった意図で使用されるのか、どのような副作用があるかを気にされている方も多いと思います。

今回はリリカカプセルの販売元データをもとに

についてわかりやすくまとめました。医師と相談する際の参考にしてみてください。

リリカカプセルについて

リリカカプセルは各種神経伝達物質の放出を抑制して鎮痛作用が期待できる薬です。椎間板ヘルニアで処方される治療薬は、「鎮痛薬」と「鎮痛補助薬」の2つに分類できますが、リリカカプセルは鎮痛補助薬に該当します。

鎮痛薬は痛みのもととなる物質を抑制するもの、痛みを感じる神経を抑制するものがあります。鎮痛薬にも種類があり、鎮痛薬非ステロイド性消炎鎮痛薬とアセトアミノフェンを含む非オピオイド系鎮痛薬・オピオイド系鎮痛薬に分類されます。

リリカカプセルは、痛み止めとしてよく使われる非ステロイド性消炎鎮痛薬と違い、興奮した神経を鎮める効果があります。「鎮痛薬」と組み合わせることで痛みを抑える効果が得られる薬です。椎間板ヘルニアのように、神経へのダメージが原因で起こる神経痛がある際に処方されます。

リリカカプセルは世界105の国と地域で承認されており、豊富な処方実績を持っています。欧米のものですが、神経障害性疼痛の薬物治療ガイドラインでまず処方されるものとしても考えられている薬です。

リリカカプセルは、従来と異なる新しい作用機序の薬剤です。従来の疼痛治療薬は、主に神経系に分布するアルファ2デルタのサブユニットに結合し、鎮痛作用を発揮するものでした。

リリカカプセルは異常が起きているCaチャネルを結合して、神経細胞内へのCaイオンの流入をとめることを目的にしています。興奮性神経伝達物質の過剰な放出を抑えることで鎮痛作用が期待できる仕組みです。

優れた鎮痛効果のエビデンスがあり、投与数日から一週間程度で効果を発揮し、長期にわたる使用も行える薬です。

リリカカプセルの副作用

リリカカプセルは鎮痛目的で処方されますが、副作用があることでも知られています。

主な副作用

神経の興奮を抑える仕組みが影響しており、高齢者が服用する際は特に注意が必要です。安易な服用は危険が伴います。

販売元情報や含まれている薬品情報

リリカカプセルは米国ファイザー株式会社が開発し、世界中で承認されている薬剤です。製造販売承認取得は2010年4月16日となっており、日本における販売はファイザー株式会社とエーザイ株式会社が共同プロモーションを行っています。一般名はプレガバリンといい、薬効分類名は疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症)と呼ばれます。

錠剤の形は白と濃赤褐色のカプセルです。有効性・安全性については、多くの臨床実験により確認されています。

ただし、以下のような症状を持っている場合は処方されたとしても、服用前にも担当の医師と薬剤師に必ず相談しましょう。

薬同士で作用を強めたり、弱めたりすることもあるので一般用医薬品や食品も含め注意しましょう。

安全性が高いとはいえ、副作用がある薬です。思わぬ事故に発展する場合があるため、自己判断での摂取ではなく、事前に医師や薬剤師と入念な相談をしておく方が望ましいと考えておきましょう。

リリカカプセルの効果と用法・用量

リリカカプセルは椎間板ヘルニアの痛みを抑える目的で処方されます。薬のメカニズムは中枢神経系でのカルシウム流入とグルタミン酸などの興奮性神経伝達物質を抑制するものです。興奮している神経を鎮め、痛みの緩和を促します。

疼痛の種類に応じて、用量が異なります。適切な用量を守るのは、副作用を抑える上でも大事なことです。ポイントを覚えましょう。

神経障害性疼痛の場合

成人の初期用量目安は75mgの1日2回の服用となります。緩やかに量を増やすように、最低1週間以上の期間をかけて1日の用量を300mgまで増やします。

年齢や症状により増減はありますが、1日の最高用量は600mgを超えないように調整されます。また、1日2回の服用が定められています。医師の指導に従いながら、調整してください。

線維筋痛症に伴う疼痛の場合

成人の初期用量目安は75mgの1日2回の服用です。初期用量は似たようなものですが、1日の用量を300mgまで増やした後から異なります。300mgまで増やした後は、300〜450mgに維持。年齢・症状により増減はありますが、1日最高用量は450mgを超えない範囲とし、1日2回の服用となります。医師の指示に従いましょう。

リリカカプセルは1カプセル中に主成分75mgを含有しています。服用時は、必ず指示された内容に従います。飲み忘れたことに気がついた場合はできるだけ早く服用しますが、元々の服用スケジュールで時間が近い場合は飲んではいけません。次に定められた服用スケジュールから1回分を飲むようにし、2回分を一度に飲まない様にします。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談が必須です。リリカカプセルの使用を中止するとも自己判断をせずに医師と相談し、最低1週間以上かけながら、徐々に量を減らさなくてはいけません。

注意事項

高齢者や妊娠している方、幼児に対しては使用ができません。自己判断でリリカカプセルを服用することは厳禁です。

高齢者は腎機能が低下していることが多いため、医師の手で摂取量や時間間隔を調整する必要があります。リリカカプセルの服用後に、めまいや意識消失などにより転倒・骨折を起こした例があるため、家族や近しい人が服用する際は十分に注意しましょう。

リリカカプセルは妊娠している人や幼児・小児に対する安全性が確立されていません。低体重出産のリスクや成長への影響が懸念されています。妊娠している人への投与は、リリカカプセルを使用するメリットが悪影響に勝るという状況のみ許可されます。メリットが薄い場合は、当然ながら許可されません。

リリカカプセルの副作用

リリカカプセルは椎間板ヘルニアの治療に使われるように、優れた効果が期待される薬ですが、反面副作用も多数報告されています。

リリカカプセルの初期用量は1回75mgですが、副作用の事例のほとんどが75mgでの開始から。副作用で起こる症状の多くは服用をやめることで抑えられますが、症状が長引き、緊急入院した事例も確認されています。リリカカプセルを使用し、起こった副作用の事例についてお伝えします。

帯状疱疹後神経痛の治療では、1日合計75〜600mgを2回または、3回で投与された場合、64.5%に副作用が認められました。

帯状疱疹後神経痛の治療で起こりうる副作用

糖尿病性末梢神経障害に伴う疼痛の場合は1日合計150〜600mgを1日2回で投与されたとき、65.9%に副作用が認められました。

糖尿病性末梢神経障害治療で起こりうる副作用

脊髄損傷後疼痛、脳卒中後疼痛及び多発性硬化症に伴う疼痛では、1日合計150〜600mgを、1日2回で投与された場合、76.7%に副作用が認められました。

脊髄損傷後疼痛・脳卒中後疼痛・多発性硬化症治療で起こりうる副作用

線維筋痛症の場合は、1日合計300〜450mgを1日2回で投与されたとき、82.9%に副作用が認められました。

線維筋痛症治療で起こりうる副作用

副作用は初回服用時の発現が約30%、服用開始2日目までで54%、1週間以内が75%といった結果になっています。投与初期での経過観察・注意が必要です。

浮動性めまいに関しては食事の影響が強く、特に空腹時の服用で副作用が現れるケースが確認されています。空腹時は、発現までの時間も短くなる傾向もあるようです。最高血中濃度が高くなる点が原因と考えられています。

体重増加について

リリカカプセルの副作用によって体重が増えることもあります。コントロールが難しいものですが、肥満になりうる点は注意しなくてはいけません。他の副作用と比べると多いとは言えない確率ですが、気になる方も多い副作用です。リリカカプセルの服用時は、日々の体重記録を忘れないようにしましょう。

肥満の徴候があらわれたときは、食事・運動療法などの適切な処理を行う必要があります。傾向として服用量の増加や長期投与による体重増加がありえますので、医師への相談も欠かさずに行なってください。

体重の増加が懸念されるポイントは、リリカカプセルで起こりうる別の副作用に関係しています。注意したい副作用は、むくみと食欲増進です。

副作用で起こるむくみの原因は、投薬によって血液を含む体内の水分バランスが崩れてしまい、水分量が多くなってしまうからです。むくんだ状態は血流が悪い状態でもありますので、身体のだるさや痛みにつながる場合があります。

また、リリカカプセルの副作用として食欲増進があるのも注意が必要です。食欲増進の副作用は約1%程度と低い確率ですが、椎間板ヘルニアの治療中は運動をするのを控えなくてはならない状況もあります。運動が思うようにできないのに食欲が増えてしまうと、体重が増えるのは仕方がありません。

むくみや食欲増加に兆候を感じるためにも、こまめな体重測定が必要になります。リリカカプセルの服用前と比べて大幅な体重増加が確認できた場合は、すぐ医師に相談して対策を確認しましょう。

他の副作用について

リリカカプセルの副作用として体重増加・むくみ・食欲増進についてお伝えしましたが、その他の副作用について確認しておきましょう。

精神神経系症状

めまい・眠気・頭痛・意識の消失などの症状が確認されています。リリカカプセル服用後の運転は厳禁です。

消化器への影響

吐き気・便秘などの症状が確認されています。

代謝への影響

血糖値や体重の変化が起こる副作用が確認されています。

目に関する症状

ピントが合わず見えにくい、物が重なって見えるといった症状が確認されています。

肝機能障害

倦怠感・食欲不振・発熱などの症状が確認されています。発生頻度は高くありませんが、注意が必要です。症状が続く場合もあるため、リリカカプセル服用後に不調を感じたら医師や薬剤師に相談しましょう。

どの副作用も注意が必要ですが、特に問題となるリリカカプセルの副作用はめまい・ふらつき・眠気・複視・霧視などの症状です。症状についての情報をまとめましたので、チェックしてみてください。

めまい・ふらつき

精神神経系に影響が起こるとあらわれる症状です。めまいの症状は様々で、視界が回るように感じるめまいや嘔吐を伴うめまいがあります。めまいと同時に眼球が激しく動く、難聴や耳鳴りがするなどの症状が起こる場合もあり、症状が多様な点に注意が必要です。

リリカカプセルを服用後に副作用でめまいの症状が現れて転倒し、病院に運ばれてしまうといった事例もあります。

めまいでの転倒は立ち上がることすら困難であり、身体をかばうのも難しいことから骨折や大きな怪我のリスクがあります。服用後は安静にしておくと、怪我をしにくくなるでしょう。また、可能であれば一人で行動しないようにしておくべきです。

眠気

リリカカプセルの副作用ですが、強烈な眠気が出ることも確認されています。急な意識消失が起きるケースもあり、判断力の低下やだるさなどの症状が出てくることもあります。

服用後は、自動車の運転や危険を伴う機械の操作などは避けなくてはなりません。過去に事例に、副作用の眠気が原因で起きた自動車事故や機械操作のミスによって大けがをしてしまったものがあります。リリカカプセルの服用は、眠気が伴うという認識をもって注意しましょう。

吐き気

リリカカプセルは、吐き気・嘔吐といった副作用も確認されています。嘔吐すると、水分だけでなくカリウム・ナトリウムなどの電解質も体内から排出されてしまいます。

水分・電解質が失われることによって、脱力感や倦怠感、手足がしびれるといった症状の脱水症状をおこす点に注意が必要です。吐き気・嘔吐の症状が出たら、身体を安静にして常温に近いスポーツ飲料を少量ずつ飲み、失った電解質の補給をしましょう。症状によっては、病院で点滴を受ける必要も出てきます。

霧視・複視

リリカカプセル服用後にものが重なって映ったり、ぼやけて見えたりなどの症状が出てくることもあります。霧視・複視の副作用発現率は8.45%ですが、副作用が起きたあと視力回復が起こらず、失明に至った例もあります。視力低下は突然起こるのではなく、ゆっくりと下がっていき、リリカカプセルを1年以上服用してから気がついたケースがあるため注意が必要です。服用後は定期的な視力検査や問診を受けるなど、長期にわたるケアをしていきましょう。

他にも0.3%未満で起こる副作用に、心不全や腎不全・低血糖・アナフィラキシーショックなどの症状が報告されています。副作用を不安に感じる場合は、事前に医師へ相談しましょう。

椎間板ヘルニアで使用されるブロック注射の種類と性質

ブロック注射とは、痛みの原因となっている部分に直接薬を投入する方法で、従来の薬物療法では効果が少なかった場合でも、効果が期待できるとされています。

具体的には痛みを感じる場所に所麻酔薬やステロイド系の抗炎症薬を注入し、痛みが伝わるのを阻害(ブロック)することで症状の緩和をするものです。

比較的長期間痛みを取ることが可能ですが、椎間板ヘルニアを根本的に治すものではありませんので、それだけで安心せずに、他の方法も合わせてしっかり治療に取り組むことが大切です。

椎間板ヘルニアの治療では、トリガーポイントブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロックなど注入する場所によって使い分けられます。

トリガーポイントブロック

トリガーポイントとは、腰や肩などの強い痛みを感じる点のことを指します。そこに局所麻酔薬を注入する方法で、筋・筋膜性の痛みに効果を発揮すると言われます。筋膜性背部痛、筋膜性腰痛症などによく用いられますが、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症にも適応があるとされます。

硬膜外ブロック

ペインクリニックでよく腰痛治療に使われるもので、痛む神経の近くの硬膜外腔に局所麻酔薬を注入する方法です。痛みの感覚を脊髄や脳に伝える感覚神経を抑えたり、交感神経の作用を遮断する作用があります。狭い範囲に注入するので技術が必要ですが、神経に近い場所に薬剤を注入するので高い効果が得られます。

神経根ブロック

痛みの症状を起こしている神経根に、直接局所麻酔薬を注入する方法です。体の深い場所に打つため、専門的な知識が必要。またレントゲンで透視しながら注射を行うので、高度な技術も要します。他のブロック注射に比べて痛みが強いですが、痛みの元に近い場所に薬を注入できるので、効果が得られる可能性が高くなります。

以上のようなブロック注射は、整形外科よりもペインクリニックで行われるケースが多くなっています。使用される局所麻酔薬の効果が持続するのは約1日ですが、実際にはもっと長い時間痛みが治まることがわかっています。

これは、「痛みが筋肉を硬直させてさらに痛みを増す」というような痛みの悪循環を改善することで、薬効以上の効果が得られるというブロック治療の性質があるからです。

「とにかく椎間板ヘルニアの辛い痛みから解放されたい」と願う人にとっては、非常に効果が高い治療法と言えるでしょう。

投薬による治療のメリット・デメリット

メリット

ブロック注射は、体内の血流を改善し、傷ついた体内の細胞を修復するために行う治療です。そのためヘルニアだけでなく、血行不良による頭痛や慢性的な体の疲れ、むくみなどが1度の治療で一気に改善するケースがあります。

デメリット

ブロック注射は、局所的に狙いを定めて血流を良くすることを目的に行われます。しかし、注射を打つ箇所が本当に疾患を引き起こす原因箇所であるかは、患者だけでなく医師にもわからないことが多々あるそう。そのため、薬が確実に患部へ働きかけるかどうかは、医師の技量にゆだねられています。

投薬による治療に関する体験談

注射してすぐに痛みが引きました(26歳/男性)

臀部や脚の裏側に痛みがあり、整形外科でヘルニアと診断されました。痛み止めと牽引治療で治そうとしたところ、効果が出なかったためブロック注射を受けることに。注射してすぐにほとんど痛みがなくなったのでほっとしました。

ブロック注射は痛みがなく、すぐに終わります(38歳/男性)

痛かった腰を治すため、ブロック注射で治療をすることに。注射自体は1~2分で終わりました。思ったより注射が痛くなかったので、ひと安心でした。

注射を繰り返し、首の痛みから解放された(50代/男性)

首の痛みに数年間悩まされていましたが、ブロック注射を繰り返し受けることで、痛みが改善されました。生活に支障が出ていたので、解放されて本当に良かったです。

最初は効いていたものの…(年齢不明/男性)

椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射で治療を開始。最初は注射が効いていたのですが、少しずつ症状が悪化し、注射で対応できない痛みになっていきました。

効果なしと診断された後に痛みが改善 された(年齢不明/男性)

ブロック注射は、効果が出るタイミングが遅くなる場合があるらしく、効果がなかったと医師に判断された後、ようやく効いたことがありました。今は患部に少ししびれが残っている程度で、痛みはほとんどない状態です。

基本DATA

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生
(形成外科・整形外科医)

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

監修者情報を見る>

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる