MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » PELD法・PED法

PELD法・PED法

ここでは、椎間板ヘルニア治療で行われるPELD法・PED法の特徴やメリット・デメリットについて解説しています。

PELD法・PED法とは

PELD法・PED法は、直径7mmの微小内視鏡を用いる手術です。皮膚切開が少なく、比較的身体負担が少ないのが特徴。手術はうつぶせか横向きで行われ、全身麻酔を使います。

皮膚を7mmほど切開し、傷口にチューブを設置してから内視鏡と施術用の手術器具を挿入。TVモニターで内部の様子を映し出し、手順に従ってヘルニアを丁寧に取り除きます。

PELD法・PED法では、内視鏡をヘルニアに到達させるために、背中から垂直にヘルニアに挿入していくインターラミナル法と、腰の側方から挿入していくトランスフォラミナル法の2通りがあります。術後1~2日で退院でき、1週間たつと軽作業ができる程度に回復するため、短期的治療が可能です。

PELD法・PED法のメリット・デメリット

PELD法・PED法のメリット

PELD法・PED法は、微小内視鏡と専用の手術器具を用いるので、傷口は1cm未満の目立たない穴で済みます。さらに出血が少なく他器官への影響も小さいことから、感染症や呼吸器系、神経・筋肉の損傷による合併症のリスクが少なくなる点もPELD法・PED法の利点でしょう。

また、PELD法・PED法は手術痕が小さいため出血が少なく、身体の負担や痛みを軽減できるのがメリット。入院期間は2~3日と短縮できるので、早い回復・生活復帰が見込めます。

PELD法・PED法のデメリット

すでに合併症を患っている場合や、発症から時間が経過しヘルニアが骨化している場合は適応できないため、手術を受けられる人が限られるのがデメリットと言えます。

PELD法・PED法に関する体験談

あっという間に治療が終わり、再発もありません(50歳/女性)

早くヘルニアを治したいと思いPED法を受けました。入院は2日と短くあっという間でした。手術から4か月経ちますが、ヘルニアになる前とほとんど変わらない生活を送れるほど回復しています。

局所麻酔なので安心でした(年齢不詳/女性)

術中は局所麻酔なので、意識がはっきりしていました。TVモニターで私の体に何が起きているかを把握できたので、不安なく治療できてよかったです。

痛みがないと聞いていましたが…(年齢不詳/女性)

無事手術が終わって寝ていた時、急に痛みが。どうやら神経周辺に血抜き用の管が通っていたとのことで、入院時は不便を感じました。PED法は痛みがないと聞いていたので、びっくりしました。

手術した日の夜には痛みがすっと消えていました(53歳/男性)

信頼できる先生のもとPELD法で手術しました。本当に治るのか不安でしたが、手術した日の夜には痛みが消えて歩けるようになるほど回復したので、本当に良かったです。

手術した後の生活に不便を感じます(55歳/女性)

尿管を通すときが痛くて、その点は不便でした。病院にもよりますが、予約が取りづらく治療が遅れたので、はやく治療したい人には向かないかもしれません。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる