MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » 安静治療

安静治療

ヘルニアの安静治療について、ドクター(監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生)が解説!また、ヘルニアの安静治療の仕組み、効果、メリット・デメリットのほか、注意点や体験談、基本情報(費用、施術時間、施術をうけられる場所、入院の有無など)をまとめて紹介しています。

ドクターのピンポイント解説!ヘルニアの安静治療とは

ドクター伊東の画像

安静治療には、「温熱療法」や「温湿布・冷湿布」があります。「温熱療法」は、痛みのある部分を暖めることで、筋肉のコリをほぐし、収縮した血管をゆるめて血液の循環を促します。コリが原因の痛みには効果がある一方、椎間板ヘルニア自体を治療することはできません。「温湿布・冷湿布」についても、血行促進や、コリをほぐしたりするのに利用されますが、椎間板ヘルニアによる腰痛や下肢のしびれ、不快感に対しては効果を期待しづらいでしょう。

監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生のプロフィール

日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門「伊東くりにっく」院長として、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。著書に「Dr.イトーのせつない腰痛すっきり解消(しののめ出版 2008)」「しつこい肩こり・首痛、らくらく解消法(KKベストセラーズ 2011)」「腰痛は医者の言葉を信じるな!(ワニブックス 2013)」など。

「温熱療法」「温湿布・冷湿布」の特徴・効果とは

椎間板ヘルニアの初期(急性期)には患部を動かさずにじっとしている安静治療を行うことがあります。これは炎症を抑えることを第一に考えて行われる措置で、それ以上の神経への損傷を防ぐ目的もあります。

積極的な治療に思えないかもしれませんが、人によっては特有の動作や姿勢が症状を悪化させていることもあるため安静を勧められるのです。また場合によってはコルセットを装着したり、炎鎮痛剤を服用したりすることもあります。

温熱療法

安静治療に加えて保存的治療である温熱療法が採用される場合があります。温熱療法とは患部を温めることで筋肉の緊張をほぐし血液の循環を促進させる効果があります。

赤外線を照射したり、ホットパックと言って80度くらいに保ったパックをタオル等で覆って患部に当てるなどの方法があります。入浴やサウナ、カイロなど特別な器具を用いなくてもできることもあります。

温熱療法は身体の表面は温まっても深部までは温めることはできません。また炎症を起こしている場合は温めることが逆効果になることがあるので勝手な判断で自ら行わない方がよいでしょう。

温湿布・冷湿布

温湿布は温熱療法と同じで患部の血行を促したりコリをほぐすために行われます。冷湿布は炎症を起こす物質を止めて炎症を抑えるために行われます。温湿布も冷湿布も慢性的な腰痛には効果がありますが、椎間板ヘルニアを根本的に治すところまでは期待できません。

以上のように安静治療は症状の進行を止めるために行われるもので、痛みを和らげる効果は期待できますが治療手段としては弱い部分があります。

痛みに応じて安静にするのはよいですが、長期間動かずにいると慢性化しやすくなるので症状が安定したら活動することも重要です。

椎間板ヘルニアは人によって進度や症状の重さも異なりますので、それによって治療方針も変わります。医師と相談しながら、自分にとって最も適した治療方法を選択するようにしてください。

安静治療のメリット・デメリット

安静治療のメリット

安静治療のメリットは、手術をせずに改善をはかれることです。患部の新陳代謝を上げ筋肉のコリをほぐしたり、薬効成分によって炎症を鎮めることで、症状を改善します。薬の内服と並行すると1~2カ月ほどで、症状が改善していくことが多いです。

安静治療のデメリット

安静治療のデメリットは、治療を適用できない場合があるということと、椎間板ヘルニアの根本的改善にはならないことです。

安静療法は血流を良くし、コリをほぐすことや「冷たい」という感覚を与えることで「痛い」という感覚を感じにくくすることを目的としています。そもそも椎間板ヘルニアは、圧力や重力で腰椎や椎間板が押しつぶされることにより生じます。安静療法で、これらを根本から改善することは不可能です。そのため、椎間板ヘルニア治療においての安静療法は、治療法ではなく対症療法として用いられることが一般的です。

安静治療に関する体験談

腰から下が全部痛み安静療法へ(35歳/女性)

転んでしまい、腰が痛くて立ち上がれなくなってしまいました。診察の結果、骨には異常はなかったのですが、湿布を張ってもなかなか治らず、病院に行くと「軽度の椎間板ヘルニア」とのこと。私の場合、全身の筋肉が凝り固まっていたようで、温熱療法後はコリが取れ、腰の痛みが大分和らぎました。

不安でしたがちゃんと改善しました(50代/女性)

椎間板ヘルニアになり、医師には時間をかけて治療していけば、手術をしなくても改善していくと言われました。温熱療法とマッサージに通い、少し時間はかかりましたが、今ではすっかり改善しています。

冷湿布を張りながらゆっくり療養(年齢性別不詳)

ヘルニアで痛みがつらい日が続いていたため、冷湿布を処方してもらい、仕事を休んで安静にしていました。そのためか、ここ2週間ほどは少しだけ症状が楽になった気がします。湿布だけでもこんなに違うのかと驚きました。

薬も効かず手術しかないと思っていた(年齢性別不詳)

椎間板ヘルニアで、腰から足にかけて痛み、座るのも歩くのもつらかったのですが、日常生活での姿勢の改善と合わせて温熱療法とマッサージを継続したところ、半年ほどで痛みが楽になりました。

仕事も休めず激痛に耐える毎日(年齢性別不詳)

病院で鎮痛薬や漢方薬、湿布などを処方されていますが、ほとんど効き目が現れず、激痛で夜も眠れません。息をするだけで痛みがあり、時には転げまわることもあります。私にはあっていないのかもしれません。

基本DATA

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる