MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア治療法のすべて » 牽引治療

牽引治療

ヘルニアの牽引治療について、ドクター(監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生)が解説!また、ヘルニアの牽引治療の仕組み、効果、メリット・デメリットのほか、注意点や体験談、基本情報(費用、施術時間、施術をうけられる場所、入院の有無など)をまとめて紹介しています。

ドクターのピンポイント解説!ヘルニアの牽引治療とは

ドクター伊東の画像

「重力や圧力で腰椎や椎間板がおされて潰れてしまったのだから、逆に伸ばしましょう」という考え方が、牽引治療です。腰椎を引っ張ることで「ヘルニア」による神経根の圧迫が少なくなったり、筋肉の緊張が解けて血流が良くなるため、痛みやしびれが取れることも多いようです。しかし、「ヘルニア」と神経根が長年の間に癒着しているような場合は、引っ張ることで更に痛みが増す可能性があるため、かかりつけ医の判断の下、取り入れるのがよいでしょう。

監修医:伊東くりにっく院長 伊東信久先生のプロフィール

日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門「伊東くりにっく」院長として、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。著書に「Dr.イトーのせつない腰痛すっきり解消(しののめ出版 2008)」「しつこい肩こり・首痛、らくらく解消法(KKベストセラーズ 2011)」「腰痛は医者の言葉を信じるな!(ワニブックス 2013)」など。

そもそも牽引治療とは

牽引治療とは首や腰などを引っ張ることで骨の隙間を広げたりズレを矯正する目的で行われる物理療法です。腰椎や椎間板が押されてつぶされているなら逆に伸ばしましょうというのが基本的な考え方です。

古代ギリシャのヒポクラテスが骨折や脱臼の改善に用いたと言われるほど古くからある治療法で、椎間板ヘルニアの治療法として1950~1960年くらいによく使われましたが、筋肉を損傷する危険を指摘されたことで下火になりました。

その後、機器が改良され筋肉に負担をかけることなく治療ができるようになり、今でも有効な治療法として採用しているところもあります。

牽引治療には首の牽引(頚椎牽引)と腰の牽引(腰椎牽引)の2種類があります。首の牽引では首を上に引っ張ることで頭部の重みによる頚椎への負担が軽くなる効果があり、腰の牽引では背骨を伸ばすことで椎間板の炎症を抑える効果が期待できます。

運動麻痺が出ているような重症な状態では行われませんが、頚椎ヘルニアの初期で椎間板が少し出ている程度であれば、症状を改善させるために牽引治療が選ばれます。

椎間板ヘルニアに対して期待される効果

牽引治療には血行を促進させたり筋肉の緊張を抑えることが期待されるので痛みやしびれが取れるケースがあります。しかし効果の持続性については1~2時間なので一時的に症状が緩和されても完全に治るわけではありません。

日本整形外科学会が発表した「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン (改訂第2版)」では腰椎椎間板ヘルニアに対する牽引療法の有効性については腰痛に対して有効であるという報告があるものの、牽引療法単独による治療効果について十分に示した研究はないとしています。

保存療法の一環として牽引治療を選択するのは構わないが、単独ではまだその効果が明らかではないということですので牽引治療だけに頼らず、様々な角度から治療のアプローチを試すことが必要であると考えられます。

牽引治療のメリット・デメリット

牽引治療のメリット

牽引治療を行うことで、腰にある筋肉や靭帯がわずかに伸び縮みし、マッサージ効果によって筋肉の緊張が和らぎ、血行が良くなる効果があると言われています。それに伴い、突出したヘルニアが引っ込み、痛みが和らぐ可能性が期待できるのです。

牽引治療のデメリット

牽引治療は、患部の症状や患者の健康状態によって、回復が認められる牽引回数にばらつきがでるのが特徴。そのため、確実な治療計画が立てづらいのがデメリットです。

そもそも日本整形外科学会が定める『腰椎椎間板ヘルニアガイドライン』において、牽引治療は単独での治療事例が少なく、はっきりとその有効性は認められていません。そのため、牽引治療で症状が良くなった人は継続し、逆に効果が見込めなかったり悪化したりといった場合には、別の治療法と並行するか、治療法の変更を検討する必要があります。

牽引治療に関する体験談

半年で首の痛みが治りました(43歳/女性)

約20年悩まされてきた首の痛みを治療するため、牽引治療を受けることに。2か月に1度のペースで少しずつ首回りが軽くなり、治療のため病院に通い続けて半年で治すことができました。

患部を毎日10分ほど牽引して完治しました(10代/男性)

左足の付け根が痛み、歩いたり立ったりといった行動でも苦しい思いをしていました。毎日10分ほど足をつっていたのですが、徐々に痛みが和らぎ…。3か月後には完治と診断されたので、重症化せず良かったです。

2週間たっても治らず、別の治療法に変更しました(50歳・男性)

右肩が痛み出し、しびれも発生したので整形外科で首を牽引し治療してもらうことに。2週間ほど様子見するも効果は出ず…。結局別の手術を3回ほど行い、回復しました。

飲み薬との併用で治療を続けるも、効果があらわれませんでした(年齢不明・男性)

左肩・背中に激痛が走ったので病院で診察を受けたところ、ヘルニアを患っていたことが判明。牽引治療と飲み薬による治療を受けたのですが、まったく痛みが改善されず困りました。

3か月続けたところ、回復しなかった(63歳・女性)

ふくらはぎに痛みが走ったので整形外科で見てもらったところ「ヘルニア」と診断されました。その後腰の牽引と電気治療を続けていたのですが、3か月ほど経過しても回復せず…。別の病院に行き、摘出手術で治療してもらいました。

基本DATA

「効果的な治療法とは」動画のサムネイル画像

動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法

手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です!

「ヘルニアは治る?効果的な治療法とは」
動画をチェックする

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる