MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア患者におすすめ&NGなスポーツまとめ » ラグビー

ラグビー

登録日:

登録日:

ラグビーのような激しいぶつかりあいのあるコンタクトスポーツは、首や腰のヘルニアを引き起こす危険性があります。ラグビーとヘルニアの関連性や理由、ラグビーをする際の注意点などについてまとめました。

ヘルニアとラグビーについて

ヘルニアは、背骨の一部である椎骨と椎骨の間から椎間板と呼ばれる軟骨組織が飛び出てしまっている状態のことです。ヘルニアになると神経が圧迫され、強い痛みを感じるようになります。ヘルニアになりやすい部位は曲げる機会が多く、負荷がかかりやすいポイントです。主に腰(腰椎)。次いで首(頸椎)がなりやすいとされています。

激しい衝撃を受けた際に起きることもあり、ラグビーといったコンタクトスポーツでヘルニアになるケースもあるのです。競技の性質上、ヘルニアが起きる可能性はゼロではありませんが、ヘルニア事例をもとに注意してみると良いでしょう。

ラグビーでヘルニアになる恐れのある動き

スクラム

ラグビーのセットプレーであるスクラムは、首や腰に大きな負荷がかかります。特に姿勢が悪いままに組み合ってしまうと、ヘルニアになる危険性が高まる点に注意が必要です。背中を丸めてしまわないようにするため、腹筋とハムストリングに柔軟性を持たせるストレッチをしておくと良いでしょう。いずれにせよ、無理な姿勢にならないよう練習をしておくのがベストです。スクラムの崩壊も注意が必要ですが、対策が難しい点でもあります。

タックル

ラグビーでのタックルはする場合もされる場合も、ヘルニアにつながる可能性があります。タックルの当たり方次第では、首や腰に大きなダメージが発生するでしょう。また、タックルを受けたあとの転倒にも気をつけなくてはなりません。

【まとめ】ラグビーでのヘルニア予防は日頃のケアから

ヘルニアになるとラグビーを行なうことは当然出来ませんし、リハビリにも長い時間がかかります。コンタクトスポーツである以上、対策は難しいですが、日頃からストレッチなどで体の柔軟性を高めておくべきです。怪我をしにくい体作りの一環として、入念に行なう習慣を身につけてください。体幹強化トレーニングも、怪我を起こしにくくなる方法です。

ラグビーは体と頭脳の両方を使う楽しいスポーツです。ヘルニアや他の怪我で長期的な離脱をしないように日頃からケアをしていきましょう。また、もしヘルニアになった場合はすぐにクリニックで診断を受けてください。専門のドクターに見てもらうことで、練習復帰のタイミングが変わります。短期で済む治療法もあるので、相談をしてみると良いでしょう。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる