MENU
【ドクター監修】分かる!治る!いちばんやさしいヘルニアサイト » ヘルニア患者におすすめ&NGなスポーツまとめ » サーフィン

サーフィン

登録日:

登録日:

サーフィンとヘルニアの関係

水泳は、腰への負担が少なく、椎間板ヘルニアの人でも楽しめるスポーツとして知られています。同じマリンスポーツのサーフィンも大丈夫かというと、答えはNOです。では、なぜサーフィンは椎間板ヘルニアの人には不向きなのかを詳しく説明していきます。サーファーだけどヘルニアになってしまったという人は、どうすればよいのか参考にしてみて下さい。

椎間板ヘルニアとはどんな病気?

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中にある髄核が飛び出してしまう症状のことを言います。椎間板は、腰付近の骨と骨との間にあり、クッションの役割を果たしていますが、普段の生活や運動などで負荷がかかってしまうと髄核が椎間板の外へと流出してしまうことも。すると、近くにある神経に触れてしまい、痛みやしびれなどの原因となるのです。

なぜサーフィンで椎間板ヘルニアが悪化するのか?

では、なぜサーフィンをするとヘルニアを発症したり、悪化させてしまうことになるのでしょうか。その要因を確認していきましょう。

パドリング

1つ目の原因は、パドリングです。パドリングとは、サーフボードの上に寝そべってクロールの要領で両腕を交互に回すことを言います。このパドリングをする時の姿勢が背骨を大きく反る形になってしまうのです。背骨を反っている姿勢は、椎間板を押し出そうとする力がかかってしまうため、これを継続的に行うとヘルニアの原因となります。サーファーだけでなく、うつ伏せ寝をしている人やうつ伏せの状態でテレビを見たり読書をする人も注意が必要です。

ターン

2つ目の理由は、ターンをする時のひねりです。サーフィンの基本スタンスは、両足でボードをしっかり押さえ、体を進行方向へと向けます。この姿勢を保つためには腰への負担が大きくかかり、さらにターンをする場合は力を入れてひねるので、もっと大きな負荷がかかってしまうのです。

冷えと疲労

3つ目は冷えと疲労です。海水が冷たい時期にサーフィンをすると腰が冷えてしまい、ヘルニアを発症しやすくなってしまいます。さらにプロサーファーのように毎日、海へ出かける人は腰の疲れが抜けず慢性的に疲労がたまってしまうので注意が必要。

サーフィンで腰に負担をかけない方法

パドルを行う時にあまり背中を反り過ぎない

パドルをする時は、勢いよく前へ進もうとして力を入れるあまりに背中を反ってしまいがちですが、なるべく反らないようにすることを意識しましょう。

ターンの際に力を入れ過ぎない

ターンをする時は、どうしても腰に大きな負担がかかってしまいます。過度にひねりを加えたり、溜めを作ってターンをしないようにするのがおすすめです。

海から上がったら温かい湯船に浸かる

海中に入って冷えた腰をそのままにしておくと椎間板ヘルニアの原因になります。夏など海水の温度が比較的、高い時期は問題ありませんが、それ以外の海が冷たい時は、サーフィンの後に汗を流す時にしっかりと浴槽に浸かって腰を温めてあげるようにしましょう。

無理して毎日やらない

趣味でサーフィンを楽しんでいる人はよいのですが、プロサーファーやプロを目指している人は少しでも早く上手になろうとして、毎日のように海へ入ってしまう人がいます。ですが結局、腰が悪くなってしまっては、プロになったとしても選手生命を縮めてしまうことになりかねません。ですので、適度に休みをとって腰に負担が蓄積しないようにすることが大事です。

ストレッチを行う

運動をする前の基本ですが、海に入る前にしっかりとストレッチをして筋肉をほぐし、海から上がったらアフターケアをきちんとすることが重要です。また、ヨガなどで普段から体をほぐしておけば腰の周りの筋肉が椎間板を守ってくれるので、ヘルニアになりにくくなる効果が見込まれます。

まとめ

サーフィンはヘルニアになりやすい姿勢が多い

負担が大きく疲労も抜けにくい

普段から体をケアすることが重要

いかがだったでしょうか?普通にサーフィンをしている姿勢が知らず知らずのうちに腰へ大きな負担をかけてしまっていることが分かったと思います。椎間板ヘルニアになってサーフィンを楽しめなくなってしまわないように、自分の体をいたわってあげましょう。

監修医情報

Supervision

伊東信久先生

伊東くりにっく院長 伊東信久先生

形成外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科など、幅広い分野で医療に携わり、2006 年に伊東くりにっくを開業。日本では数少ない椎間板ヘルニアのレーザー治療専門のクリニックとして、著名人をはじめヘルニアで悩む多くの方の治療に携わる。

伊東くりにっくの公式HPを見る

電話で問い合わせる