ヘルニア治療&予防大学HOME » 【特集】慢性疾患を克服できると話題!最新の栄養療法に迫る » 栄養療法が注目される理由

栄養療法が注目される理由

いま話題の栄養療法に着目しました。激しい腰痛を持っていたヘルニアの人たちに聞いた、治療体験談を紹介しています。

ヘルニアの厳しい腰痛を改善させる栄養療法とは

ヘルニアの厳しい腰痛を改善させる栄養療法とは首のヘルニアにしても腰のヘルニアにしても、発症してからでは遅いものです。ヘルニアは激痛から始まることが多く、一度症状がおさまったと思っても再発が多いので、保存的治療で根気良く通院するか手術を受けなくてはいけません。

大切なのはヘルニアを予防すること。その予防方法として、今注目を集めているが栄養療法です。栄養療法は、不足している栄養素を補うことで身体を健康にし、慢性疾患を発病させないようにします(もしくは症状を緩和させます)。

バランスの良い食事を毎日心がけていても、ミネラルやビタミンなど、どうしても不足しがちな栄養素があります。椎間板ヘルニアは、背骨に無理な力が加わったり歪んでしまい、耐え切れずにつぶれてしまうことが原因で起こります。

そして、どんなに姿勢が悪かったとしても、ある人はヘルニアになり、ある人は腰痛で済んでしまうことがあります。この差を生み出すのは、椎間板の質だといえます。

椎間板の質は栄養が行き届いているかどうかが関わってきます。十分栄養が行き届いた椎間板は弾力があり、多少無理な力が加わっても十分に耐えることができます。一方栄養が行き届いていない椎間板は弾力がないため、力をかけると壊れやすい状態になります。

この結果、栄養が行き届いていない椎間板をもった人がヘルニアとなるのです。

ヘルニアに良い注目の成分

ヘルニアに良い注目の成分椎間板ヘルニアに良いと知られている成分では、コンドロイチンやコラーゲンが挙げられます。

コンドロイチンやコラーゲンも年齢と共に減少している成分のため、身体に積極的に摂取することで椎間板の弾力性を維持して痛みを軽減することが可能です。ただし、椎間板ヘルニアの根本的な治療にはつながりませんから、あくまで保存的治療の補助としておすすめしたい成分になります。

pagetop