ヘルニア治療&予防大学HOME » ヘルニアとは » 腹壁瘢痕ヘルニア

腹壁瘢痕ヘルニア

ここでは、腹壁瘢痕ヘルニアの症状や原因、治療法を解説します。

腹壁瘢痕ヘルニアの症状は?

腹壁瘢痕ヘルニアとは、お腹の中にある内臓が、筋肉の壁を超えて皮膚の下まで飛び出してくる症状です。飛び出している部分がふくらんで見える、という場合もあるようですが、それほど判然としているわけではありません。

自覚症状としては、お腹の違和感、鈍痛、激痛、嘔吐などが見られます。

もともと腹壁瘢痕ヘルニアの人が、お腹に力を入れると、内臓が飛び出します。逆に、お腹の力を抜くと、内臓はもとに戻ります。

そのように、意識的に内臓の位置を動かせるうちはまだ良いのですが、やがて悪化すると、無意識の状態で内臓が飛び出したままになることがあります。この状態のことを、嵌頓(かんとん)と言います。

嵌頓状態が腸で起きると、これを腸閉塞と呼びます。さらに、この飛び出した腸が筋肉などによって締め付けられると、腸への血流が遮断されて、絞扼性(こうやくせい)腸閉塞という状態に陥ります。この絞扼性腸閉塞は、早期に対処しなければ命に関わる病気です。

原因は意外なところにあった

腹壁瘢痕ヘルニアは、通常、お腹の手術の際の縫合状態が悪い場合に発症します。

お腹を手術する場合、最初に皮膚にメスを入れ、次に筋肉にメスを入れます。手術が終われば逆。まず筋肉を縫合し、次に皮膚を縫合します。

この流れの中で、筋肉の縫合が不完全だった場合、または筋肉に感染症が発生した場合などには、縫合箇所に弱い部分ができてしまうことがあります。

この弱い部分から、何かがきっかけで内臓が飛び出してしまうことを腹壁瘢痕ヘルニアと呼んでいます。

治療法は基本的に手術のみ

腹壁瘢痕ヘルニアに自然治癒はありません

ただし、腹壁瘢痕ヘルニアだからといって、すぐに手術の必要があるというわけでもありません。自然治癒がなく、それどころか逆に、筋肉の穴は徐々に大きくなる場合もあることから、可能であれば早めに筋肉の修復手術をしたほうが良いでしょう。

また、腸が嵌頓状態を起こしている場合は、緊急で手術が必要となります。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop