ヘルニア治療&予防大学HOME » ヘルニアとは » 大腿ヘルニアについて

大腿ヘルニアについて

このページでは、大腿ヘルニアの症状と原因について調べています。

大腿ヘルニアの症状と原因

大腿(だいたい)ヘルニアと聞くと、耳慣れない病名だと思うかもしれません。
しかし、もっとお馴染みの名称があります。「脱腸」です。

ヘルニアとは、体の組織が定位置からはみ出してしまう状態を指します。それゆえ本来なら腹内に収まっているはずの腸の一部が、皮下に現れるこの症状にも、ヘルニアの名が適用されるのです。

その症状

大腿ヘルニアと似た症状に鼠径(そけい)ヘルニアがあります。いずれの症状も脱腸ですが、生じる部位によって名称が異なります。その分水嶺となるのが、鼠径靱帯です。

  • 鼠径靭帯…足の付け根のパンティライン辺りにある靭帯。

困る女イメージ鼠径靭帯より上部で脱腸するのが「鼠径ヘルニア」、鼠径靭帯より下部で脱腸するのが「大腿ヘルニア」ということになります。大腿ヘルニアは太ももに近い場所で症状が起こるため、この病名が付いたのでしょう。

症状としては鼠径ヘルニアと同じく、初期段階で痛みのない違和が生じます。しかし放置すると症状が進み、痛みが出たり、立っているのが辛くなったり、お腹が突っ張っているような違和感があらわれてきます。

さらに症状が進むと、飛び出した腸が筋肉に締め付けられるようになります。ヘルニアとは言え腸の一部に変わりはありませんから、締め付けられた部分で食物が渋滞し、腸閉塞を起こします

大腿ヘルニアは、鼠径ヘルニアに比べ腸の飛び出す穴が小さいという特徴があるため、厳しく締め付けられた腸の一部の血流が阻害され、壊死してしまう危険も高くなります。そこまで進行してしまうと、生死に関わる重篤な問題になります。

その原因

加齢とともに筋肉が衰え、内臓を支えきれなくなることで発症します。また小児期の脱腸には、先天的な原因が考えられます。

仕事でよくお腹に力を入れる人に発症が多く見られるようですが、性差による身体構造の違いから、女性の発症率が高くなっています。出産により、大腿輪周辺の筋肉や筋膜が弱くなることで、発症することも多くあるようです。

その手術法

大腿ヘルニアは、保存療法で完治することはありません。そのため、治療には手術が適用されます。

内容としては、飛び出した腸を腹内に収めたあと、人工補強材(網状のシート)を挿入して、ヘルニアの出口を塞ぎます。

症状が進んでいなければ15分程度で済む手術で、痛みも少なく、入院の必要もありません。

脱腸の可能性を感じている方はすぐ病院に相談し、早めに手術を受けるようにしてください。

ヘルニアを克服した人から選ばれている栄養療法とは
pagetop